2011年11月24日

原宿『うどん伊呂波』さんで逆転の発想に出会うの事

勤め先の都合上、祝日は基本的に自宅待機なので遠出ができない。とはいうものの腹は空くので・・・。

111124_01.jpg
EVANGELION STORE TOKYO-01
※原宿・竹下通り裏にある、EVANGELIONのアイテムが揃うオフィシャルストア

本日開店という上記のお店の様子を確認する目的も兼ねて原宿まで出向いた。もっとも入場整理券が必要なほど店内が混み合っていたことと、長時間の外出は躊躇われたため、同店に関しては、本日のところは場所を確認するに留めた。

そしてメインの目的である昼食を取るために、そのまま若者で賑わう竹下通りを抜け、

111124_02.jpg
うどん伊呂波うどん / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

明治通りを横断して裏原宿と呼ばれるエリアに入り、原宿通りという明治通りから始まるショップやカフェが連なる通りを進むと見えてくる(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『うどん伊呂波』さんに到着した。

111124_03.jpg
店頭のメニュー

物の本によれば去年オープンしたばかりのお店とのことだが、うどんとイタリアンソースの組み合わせで評判らしい。実際、私がお店の外観とメニューを撮影している僅かな時間の間にも、2組6名の客が来店していた。

111124_04.jpg
店内の様子

そんな感じなので店内も盛況。店内には地階もあるので収容人数は思いのほか多い。

111124_05.jpg
クリーミーカルボナーラおうどん(1,080円:税込)
※セットでオレンジジュースを注文

今回の注文は、うどんをカルボナーラソースで仕上げたもの。ランチタイムはプラス100円でドリンク、ドリンク、ミニサラダのいずれかをセット付けられる。

カルボナーラ【(伊)carbonara】とはチーズ、黒胡椒・卵・生クリームなどで作ったパスタソースのこと。ちなみにcarbonaraとは「炭焼職人」を意味し、ソースの所々に浮かぶ黒胡椒を「炭焼き職人の手に付いた炭の粉が落ちたもの」に見立てている。

111124_06.jpg

大きな平たい器に盛られた麺と

111124_07.jpg

蕎麦猪口のような器で出されるスープのセットを見て、私は即座に和風スパゲティーで知られる洋麺屋五右衛門のスタイルを思い出した。そして、ふと「五右衛門をヒントにした逆転の発想で、うどんとパスタソースの組み合わせを思いついたのかも」と思った。

111124_08.jpg

食べてみると、うどんは中太でコシの強いモッチリとした歯ごたえで、これがカルボナーラソースのコッテリとした濃厚な味わいを見事に受け止めており、味のバランスが良く、美味しい。

複数のチーズが入っているというカルボナーラソースの味わいそのものも良好で、ついつい、うどんを食べ切ったあと、皿の奥底に残っていたソースを、卓上のバスケットに入っていた木製のレンゲ(分類的には、お玉杓子なのかも。物を掬う部分に亀の甲羅のような模様がある。下の画像参照)で掬い取って食べてしまった。
111124_09.jpg
木製 おたま小亀甲拭漆

うどんが全てのパスタソースに合うとは思わないが、フェットチーネやタリアテッレのような太い平麺のパスタと相性の良い、カルボナーラのようなコッテリとした濃厚な味わいのソースなら、うどんにも良くマッチするのだろう。その辺りは計算して、うどんに合うソースを選んでいると思う。みなさんも『うどん伊呂波』さんでお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 00:00
"原宿『うどん伊呂波』さんで逆転の発想に出会うの事"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: