2011年05月27日

エジプトでピラミッドが新たに発見される!?

エジプト地中にピラミッド17基 米、衛星探査で発見
47NEWS

人工衛星からの赤外線探査で、エジプトの地下に埋もれた未知のピラミッド17基を含む1000以上の墓と3000の集落が発見されたと記事は伝えている。地上からの試掘では、ピラミッドとみられる建造物2つも確認されたそうで、今後本格的な調査が行われるという。

古代エジプトの建造物には日干しレンガが使用されているため、周囲の土壌よりも密度が高いのだそうだ。米国アラバマ大学のサラ・パーキャック博士らのチームは、約700キロ上空にある人工衛星から直径1メートル程度のものを判別できる強力な赤外線を使って撮影された画像を分析し、家や神殿、墓の形を判別したとのこと。

赤外線とは太陽スペクトル(光を分光器によって波長順に分解したもの)の赤色部の外側にある目に見えない光線のこと。その特徴の一つとして、波長が長いために可視光に比べて散乱しにくく透過力も強い点が挙げられる。

テレビから遠く離れていても、部屋内に多少の障害物があっても、リモコンのスイッチによってテレビのスイッチを入れたりチャンネルを変えられたりするのは赤外線の性質を利用したもの。これをカメラに応用したのが今回の人工衛星に搭載された撮影装置で、砂や土といった遮蔽物を透過し、より密度の高い日干しレンガを用いた遺跡の発見に貢献したのだ。

この技術、想像するに元々は軍事用で、例えば地下にある敵軍の重要施設などを発見するためのものなのではないか。東西冷戦も終結して久しい現在、その技術が学術目的で再利用されるのは実に喜ばしいことだと思う。

当初は大きな関心を示していなかったエジプトの考古当局も、首都カイロ郊外サッカラで試掘調査を実施して実際に存在を確認したことで、最重要の発掘現場の一つに位置付けたそうだ。そして世界各地からピラミッド研究の考古学者たちがエジプトに集結するであろうこと想像に難くない。

「やはり…………おれの居場所を感付いたな……くるか……このエジプトに………ジョセフと……ジョータロー………か」
(by.ディオ・ブランドー:ジョジョの奇妙な冒険第三部 より)

110527_01.jpg
スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 影DIO

長らく眠りについていた“住人”も発掘団を待っている!?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




ピラミッド17基発見=衛星画像で米研究者解析―エジプト

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000015-jij-int
posted by 只今(橘カヲル) at 23:05
"エジプトでピラミッドが新たに発見される!?"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: