2009年03月07日

小惑星が地球に激突寸前だったとは!

宇宙では我々の想像を越えたスケールの出来事が起こっている。まさか、こんな危機が間近に迫っていたとは…。

「都市一つ壊滅したかも」小惑星あわや激突…豪学者が観測
読売新聞

オーストラリア国立大学の天文学者、ロバート・マクノート博士の観測によれば、或る小惑星が地球に接近していたそうだ。小惑星の直径は直径30~50メートルほどもあったそうで、1908年にロシアはシベリアに落下し、2000平方キロの森を焼き尽くして『ツングースカ大爆発』と名づけられたほどの甚大な被害をもたらした原因となった小惑星の大きさに匹敵するものだとのこと(※)。

※原因については諸説あり。
参考:ツングースカ大爆発
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

幸いにして激突は避けられたものの、最接近時には月との距離(約38万キロ)の6分の1弱に当たる約6万キロだったという。「6万キロ」と言われてもイメージが掴みづらいかもしれないが、地球一周が約4万キロ(赤道付近で計測)なので、その1.5倍の距離といえば少しはピンとくるだろうか。

この記事を見て思い出したのは、「怪彗星」と呼ばれたツイフォン彗星が地球に接近したときのエピソードだ。彗星の軌道が計算され地球に衝突する危険性が指摘され、一時は関係者の間に緊張が走ったものの、再計算の結果5万5860キロの差で衝突を免れることが分かった。人間の感覚で言えば膨大ともいえるその距離を聞いて上げられた安堵の声を

「何を言ってるんだ。5万キロといっても宇宙では紙一重の差だよ」
(byハヤタ隊員:ウルトラマン より)

090306_01.jpg
ジェットビートル w/ ハイドロジェネードサブロケット

と、科学特捜隊(科特隊)のエリート隊員がたしなめたのだった。事実、怪彗星ツイフォンは地球と衝突こそしなったものの、降り注ぐ宇宙線によって水素爆弾が自然爆発する危険があることが判明、オホーツク海で廃棄処分になった旧型の水素爆弾が6個紛失したという噂を巡り、科特隊は捜査に乗り出した。

その後、彗星と共に飛来した彗星怪獣ドラコ、彗星の接近に呼応するように日本アルプスに現れた冷凍怪獣ギガスに加え、どくろ怪獣レッドキングまでもがオホーツク海に投棄された水素爆弾を飲み込んだまま姿を現し、三大怪獣によるバトルが繰り広げられたりするのだが、有名な話であるので割愛させていただく。

閑話休題、上記の例を引くまでもなく、今回の小惑星接近は宇宙規模でみれば紙一重の差であり、衝突回避されたことは僥倖ともいうべきなのだろう。世界経済が不況に喘ぐ中、この小惑星により何らかの災害が発生したら「泣きっ面に蜂」であっただろうから。

ひとまず安心なのは、この小惑星の最接近は100年以上先であること。ひとまず次回接近時も衝突したり、怪獣が飛来ないように(笑)祈ることにしましょうか…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




「都市一つ壊滅したかも」小惑星あわや激突…豪学者が観測
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000518-yom-sci
posted by 只今(橘カヲル) at 00:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

クローン動物の肉が食卓を飾る日も近い?

クローン技術に関する話題は、これまでにも弊ブログでも何度か取り上げた。とはいうものの、ここまで自分の生活に身近な話題として取り上げる日が、こんなに早く訪れようとは…。

クローン牛・豚は「食品として安全」
読売新聞

内閣府食品安全委員会の専門調査会において、クローン技術で生まれた牛や豚は「通常の繁殖技術で生まれた牛や豚と同等の安全性がある」とする評価書案が了承されたとのこと。要するに「クローン動物は通常の家畜と食品としての安全性に差が無い」との結論であり、クローンの子孫についても「従来の繁殖技術による牛、豚と差異は認められない」としているそうだ。

まぁ、こうした話が出たからといって即座にクローン動物の肉が食用になるというわけではなく、我々の食卓にクローン動物の肉が登場するまでには、以下のようなプロセスを経る必要がある。

1.同委員会での正式決定(来月中にも決定の見込み)
2.国民から意見を募る
3.最終的な評価結果を厚生労働省に報告
4.厚労省と農林水産省が最終判断
5.流通開始

以前にも指摘したが、クローン動物とはいわば「歳の離れた一卵性双生児」である。なので通常の家畜と同じ遺伝情報を持つのはもちろん、肉や乳の栄養成分、アレルギー誘発性なども変わらない…はずなのだ。だから食用にも何ら問題は無い…はずなのだが、欧米諸国でも未だクローン動物の肉は市場に流通していない。

その一因として挙げられるのが、クローン動物の死産と産後の死亡率が31%と、人工授精など従来の繁殖技術の5倍にあたる非常に高い数値であること。評価書案では、こうした死亡率の高さはクローン技術の完成度の問題であると指摘されているが…。

それなら「その問題をクリアしてから食品としての安全性について論議すべきではないか?」と思うのは自分だけだろうか。技術的な問題がクリアされていないのに商業化を急がせようとするのは、何らかの利権でも動いているのだろうか。市販され、被害者が出てから「実は問題があることがわかりました」では困る。

未知の技術を生半可に操った場合、待っている結果とは何か? かつて

「これが人体錬成を…神様とやらの領域を侵した咎人の姿だ!!」
(byエドワード・エルリック:鋼の錬金術師 より)

090224_01.jpg
Real Action Heroes 220 DX 鋼の錬金術師 エドワード・エルリック RAH220-43

禁忌を犯した行為の代償とはいえ、右腕・左脚を失い機械の義肢を装着した自らをそう表現した少年がいる。命を複製するクローン技術という、いわば「神様とやらの領域」を侵すのであれば、慎重の上にも慎重を重ねて決定してほしい。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




クローン牛・豚は「食品として安全」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000482-yom-sci
posted by 只今(橘カヲル) at 22:34| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

血液型別性格判断≒選民思想?

日本の「血液型性格診断」ブーム、米国でも強い関心を集める
MONEYzine

日本人にもっとも浸透している占いといえば、血液型占い(血液型別性格判断)にトドメをさすだろう。なにしろ特に信心深くもオカルティズムに傾倒してもいない人たちでも、当たり前のように「あの性格は典型的なB型だよねー」とか「私はA型だから…」といったようなセリフを口にする。一方で、血液型別性格判断を信じているのは日本以外では東アジアのごく一部の国ぐらい。欧米人で血液型占いを気にする人は、自分が知る限り

「名前は必要ない。君の名前や生まれ育った環境はどうでもいい…。重要なのは今の健康状態であり…生年月日と血液型だ…。魚座のO型! それが重要なんだ。ブチャラティは牡羊座のA型だから占いによると相性が君ととても悪い。それがスゴク最高にいいッ!」
(byメローネ:ジョジョの奇妙な冒険第五部 より)

090209_01.jpg
ジョジョの奇妙な冒険 (54) (ジャンプ・コミックス)

と口走りながら一人で興奮しているスタンド使いの暗殺者ぐらいだ。大抵の人は歯牙にもかけないどころか、自らの血液型を知らない人も多い。だから日本人に血液型別性格判断の信奉者が多く存在し、日常会話の端々に血液型の話題が出てきたり、血液型別性格判断の本がベストセラーになるというような現象が、彼らの目には非常に奇異に映るのだろう。

断っておくが、血液型と個々人の性格の因果関係の証明について、信頼に足りるような科学的根拠は提示されていない。そもそも血液型といわれて一般的に脳裏に浮かぶであろうA型やO型といった分類法はABO式血液型と呼ばれる分類法で、数多い血液型分類法のごく一部でしかない。そのほかにも医学的には様々な血液型分類法が存在しており、その組み合わせは数万種類にも上るという。

【代表的な血液型分類法】
ABO式血液型=赤血球の種類による分類法
Rh式血液型=赤血球膜の抗原による分類法
HLA型==白血球の種類による分類法

それなのにたった4種類で分類し、全てを規定しようなんて、あまりにも大雑把過ぎるのではないかと思うが、それでも血液型性格判断が信奉される背景には、本来把握するのが非常に難しい個々人のパーソナリティを簡単に判断する材料として利用できるからだろう。

しかし、少し考えてみてほしい。もし血液型によって人間の個性が規定されるとすれば、人間の個性は生物学的要素で全てが決定してしまい、後天的な変更や改善の余地はないということにはならないだろうか。なぜなら特定の病気やその治療による影響を除けば、血液型は生涯変化することは無いからだ。もしかすると血液型性格判断とは「生まれながらにして人間の優劣は決定している」といったような選民思想と同根の発想ではないだろうか?

血液型性格判断を安易に話題とするのは、そうした危険性を孕んでいる…と結論付けるのは大げさだろうか?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




日本の「血液型性格診断」ブーム、米国でも強い関心を集める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090209-00000000-sh_mon-bus_all
posted by 只今(橘カヲル) at 23:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

空腹が脳力を向上させる!そのメカニズムとは?

「よォ、食い過ぎは体にワリィんだぜ。オレみたいなひねた人間の霊気は特にな」
(by桑原和真:幽☆遊☆白書 より)

090128_01.jpg
幽遊白書・4 桑原和馬 スーパーコレクション

というように、栄養の過剰摂取は逆に健康を害する元になるとは、よく聞く話。しかし適度なカロリー制限が、体ばかりでなく頭にも好影響を与えるとは初耳だ。

物忘れの改善、カロリー制限が役立つ可能性=独研究
ロイター

ドイツで「高齢者は食べる量を減らすことで、記憶力を改善したりアルツハイマー病など認知症の予防や発病を遅らせたりできる可能性がある」との研究結果が発表された。平均年齢60歳の男女50人を以下の3つのグループに分けて、その結果を比較したのだ。

(1)栄養士がついて摂取カロリーを約30%減らした
(2)食事制限なし
(3)オリーブ油や魚などに含まれる不飽和脂肪酸を含む食品の摂取を増やした

すると3カ月後に行った記憶力テストで(1)のグループに10―20%の改善が見られたそうだ。また(3)にある不飽和脂肪酸とは一時期「これを摂取すると頭が良くなる」といわれブームになったドコサヘキサエン酸(DHA)などを指しているのだが、これを摂取したグループは特に記憶力改善が確認されなかったとのこと。下手な栄養摂取よりもカロリー制限の方が記憶力改善に効果的とは驚きだ。普通に考えれば脳に栄養がいきわたっているほうが働きが活発になりそうなものだが…。

だが一説には、生物の脳は危機的状況に陥ったときの方がよく働き、判断力や注意力、記憶力が増すという。それは人間を始め、あらゆる生物にとっての最優先課題は自らの生命維持であることを考えれば納得がいく。そして飢餓とは生物にとって生命維持の危機を告げる典型的なシグナルだから、危機を脱すべく脳も活性化するのだ。実はこの説、医学的にも根拠があることなのである。

皆様はグレリンという物質(ペプチドホルモン)をご存知だろうか。グレリンは胃から産出され、視床下部に働いて飢餓感覚の引き金となり、食欲を喚起させる。実は、グレリンは脳で記憶や空間学習能力に関わる海馬(かいば)と呼ばれる部位にも強く作用するという研究結果があるのだ。グレリンが海馬に入り、海馬の神経細胞(ニューロン)に結合すると、シナプス(ニューロン間の接合部)の形成を促進し、記憶力や学習力が高まるとのこと。

時はまさに受験シーズンであるが、受験生の皆様に伝えたい。下手に空腹を満たして試験会場にいくよりも、少し空きっ腹の方が脳の働きが活発化しますよ!


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




物忘れの改善、カロリー制限が役立つ可能性=独研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000031-reu-int
posted by 只今(橘カヲル) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

鳥類の遠い遠い御先祖様!?


中国で新種の恐竜の化石が発見されたとのこと。恐竜というと、みな見上げるほどの大きさを誇る生物だと思ってしまうかもしれないが、現在地球上に住まう他の生物同様、その大きさは千差万別。今回発見されたのは子猫程度の大きさだという。

ただ今回発見された恐竜の注目すべき点は大きさではなく、尾にリボン状の羽根がついており、また全身が羽毛で覆われていたと見られるところ。どうやら、この恐竜は鳥類の遠い御先祖のようなのだ。

現在の学説では鳥類は恐竜から進化したとされている。実際、前脚と後脚に翼を持ち、グライダーのように滑空していたと思われる恐竜の化石も見つかっている。今回発見された恐竜は前脚や後脚に翼の痕跡はないので空は飛べなかった模様だ。しかし、その以前発見された滑空できた恐竜よりも鳥類に近い種であるとのこと。

研究者の話によれば「鳥類に進化する前に飛ぶのをやめた可能性がある」そうだ。となると興味が沸くのは「なぜ、この恐竜は空を飛べるかも知れないのに、その可能性を棄てたのか」ということ。例えば蟹が空を飛ぼうとしたら

「蟹が飛ぶなー!」
(byモモタロス=仮面ライダー電王ソードフォーム:仮面ライダー電王 より)

081023_01.jpg
project BM! 仮面ライダー電王(ソードフォーム)

とツッコミが入っても文句は言えない(笑)。しかし彼は鳥類に極めて近いところまで進化した種なのだ。現代に生きる自分の感覚からすれば「鳥に近いなら空を飛んでも不自然じゃないのに…」と、つい思ってしまう。

まぁヒントとしては、この恐竜は他の恐竜の卵を主食としていたという点。おそらく生存競争の中で「他の個体よりも翼らしきものが発達していた」者達よりも「他の個体よりも脚力に優れ、外敵から素早く逃げられた」者達の方が生き延びる確率が高く、それが種として定着したのだろう。

とまぁ、自分はこんなサイエンスな話題が好きだ。こんな話ばかりブログに書きたいのだが、書かずにはいられないような理不尽な事が世の中には多すぎる。現在はこの恐竜が生きていた時代よりも遥かな未来の世界だというのに…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




<恐竜>「鳥寸前」の化石発見 ハト大、飛べず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081023-00000005-mai-soci
posted by 只今(橘カヲル) at 21:49| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

「なぜいまさら?」のヘッドホン難聴への警告

その昔、ヘッドホンステレオが誕生したときは世に衝撃が走った。外出先でも好みの音楽を楽しめるアイテムの登場は、その後の若者文化を一変させたといっていい。いや若者だけでなく熟年層にも、

「でもウォークマンは好きだがね…ビートルズの“ゲットバック”でも聞くか」
(byジョセフ・ジョースター:ジョジョの奇妙な冒険第二部 より)

081014_02.jpg
ジョジョの奇妙な冒険 (12) (ジャンプ・コミックス)

といったヘッドホンステレオ愛好家を誕生させた。

だがヘッドホンステレオで音楽を聴きながら町を闊歩する人たちが増えると共に問題になったのが、いわゆるヘッドホン難聴である。これは以下の条件で発症しやすいとされている。

・大きな音を聞く。
・長い時間、音を聞く。
・周波数が高い音を聞く。

MP3プレーヤーで聴力障害の恐れも=EU報告
ロイター

さて、ロイターの記事によると、欧州連合(EU)の研究者達によって携帯音楽プレーヤーで長時間、大音量で音楽を聞き続けた場合、聴覚障害になる恐れがあると警告したとのことだ。

前述したとおりヘッドホン難聴の危険性など何十年も前から指摘されているのに「なぜいまさら?」という気もするが、この研究結果を出した研究者は大音量の携帯電話にも苦言を呈しているというから「ヘッドホン難聴に限らず、とにかく子供の耳を大音量から守ろう」というコンセプトなのかもしれない。

その心意気はまことに結構なことだが、意見の押し付けにならないように注意はして欲しい。ヘッドホン難聴を防ぐには

・耳を休ませる時間をつくり、耳をいたわる
・音量を上げすぎない工夫をする
・体調が万全でないときは聴くのを控える

…などに気をつければ良いのであって、携帯音楽プレーヤーや携帯電話を子供や若者から取り上げ、公共の場でハンマーで破壊するなどといった過激な行為は必要ないのだから。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




MP3プレーヤーで聴力障害の恐れも=EU報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081014-00000937-reu-int
posted by 只今(橘カヲル) at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

「アルコールは、飲むほどに脳が縮む」とのことだが…

アルコールが人体に及ぼす影響についての議論は、人類の歴史のなかで幾たびと無く繰り返されてきた。そしておおよそ以下のようなことが判明している。

・脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変、高血圧の原因となる
・脳神経障害、脳血管障害、脳萎縮の原因となる
…など

だから、この記事を読んだときも正直言って最初は「なにをいまさら?」と思った。

アルコール、飲むほどに脳が縮小=米研究
ロイター

ただアルコールの摂取を原因とする脳萎縮(脳容量が減少すること)については、これまで可逆性――ある変化を考えたとき、条件を変えるとその変化と逆の方向に変化が起こってもとの状態に戻ること――があると考えられてきた。つまり禁酒すると徐々にではあるが、脳萎縮が改善されるとされてきたのだ。

だが記事によれば、脳容量の減少を食い止めることは不可能であるとした上で、脳容量の減少割合が少ないのは以下の順であるとしている。

(1)生涯にわたって酒を飲まなかった人々
(2)過去に飲酒していたが今は飲まない人々
(3)現在適度な飲酒をする人々
(4)現在大量に飲酒する人々

脳容量の減少は認知症の原因とされているから、アルコールを大量摂取する生活習慣が続くと認知症発症のリスクが高まるということになる。しかも途中で生活習慣を改めても状況が改善しないというのは結構重く受け止める必要があるのかもしれないが、一方でこうした事例には個人差があるのも事実だ。例えば愛煙家はそうでない人より肺ガンのリスクが高まるというが、それでは愛煙家が必ず肺ガンを発症するのかといえば、そうではない。

自分の祖父は煙草欲しさに畑を売った(!)ほどのチェーンスモーカーであったが84歳の天寿を全うした。ガンに侵されるどころか身体は頑強そのもので体力は有り余っており、鬼籍に入る直前まで農作業に勤しんでいた。そんな祖父を見て、自分を含めた親族一同は「煙草が身体に悪いというのはウソだな…」と呆気に取られていたものだ。

無論これが極端な例だというのは承知している。ただ、こうした記事によって飲酒に対し過度に不安を煽るのは、ちょっと違うと思うのだ。

まぁ体質的にアルコールを全く受け付けない自分が言うのもおかしなものだが、適量のアルコール(ビールなら500ml=中ビン一本程度)には血液の循環を良くして消化能力を高めるし、また緊張をほぐしてストレス解消に寄与する。さらに動脈硬化の予防にかかわる善玉コレストロールを増やす働きがあることも知られている。それに

「誰だってミスはする。彼女の場合、そいつがとてつもなくデカかった…。が、ミス・スメラギはその過去を払拭するために戦うことを選んだ。折れそうな心を酒で薄めながらな…。そういうことが出来るのも、また人間なんだよ」
(byロックオン・ストラトス:機動戦士ガンダム00 より)

081014_01.jpg
HCM-Pro45 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

というように、人が何かを成し遂げる際、その一助としてアルコールが役立つこともある。月並みな結論で恐縮だが、自己責任の範囲内で節度を守って楽しめばよいのではないか?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




アルコール、飲むほどに脳が縮小=米研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081014-00000840-reu-int
posted by 只今(橘カヲル) at 22:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

金属を喰うミミズ現る!?

「ミミズの住む土地は健康な土地」だと言われる。それはミミズが以下のような様々な恩恵を土壌に与えるからだ。

・ミミズの排泄物が肥料となる
・ミミズが掘る地下道は土の排水性を高めるので水はけの良い土地になる
・逆に水はけの良すぎる土地ではミミズの排泄物が土壌の保水力を高める
・ミミズの身体から出る分泌物が土壌の酸性度を調整する
・ミミズが土地を掘り進む過程で地中深くのミネラル分が上層に運ばれ植物の育成に寄与する

その異形から忌み嫌われることも多く、また時には

「言ったはずだ…ミミズごときに獅子が倒せるか!!」
(by獅子座のアイオリア:聖闘士星矢 より)

081010_00.jpg
超像 聖闘士星矢 黄金十二宮編 レオ・アイオリア

と一喝され光速拳で瞬殺されてしまうこともあるミミズであるが、魚を釣るための餌として以外にも、これだけ人類の役にたっているのだ。

だがそのほかにも、こんな能力を持つミミズが現れたというから驚く。

重金属を食べる“スーパーミミズ”発見
ナショナルジオグラフィック

081010_02.jpg
ナショナルジオグラフィックHPより

イギリスで、鉛、亜鉛、砒素、銅などといった重金属を好んで食べるミミズが発見されたとのこと。このミミズは摂取した金属を体内でタンパク質を使って無害化してから排泄するのだが、排泄物は元の金属よりも植物が吸い上げやすい形状となっているため、植物にそれらを吸収させた上で刈り取ればファイトレメディエーション――植物などによって土壌中の汚染物質を除去したり分解したりすること――も可能だと記事は伝えている。

置かれた環境に適応できなかった個体は淘汰され、適応できた個体が子孫を残していった結果、種として固定されたのか。それとも環境に適応するために身体の構造を発達させていったのか。いずれにしても驚きだ。

このスーパーミミズをもっと研究していけば、もちろんファイトレメディエーションにも役立つかもしれないが、生命体の進化の謎にも迫れるかもしれない。更なる研究が楽しみだ。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




重金属を食べる“スーパーミミズ”発見
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081009-00000000-natiogeo-int
posted by 只今(橘カヲル) at 23:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

コックリさんに頼る前に

放課後の教室でおなじみでしたが…結局、こっくりさんって何だったの?
R25

そういえば自分が中学生のころ、一時期クラスでコックリさんが流行ったことがあったっけ…。文字を書いた紙の上に硬貨を乗せて2~3人が人差し指でそれを押さえながら質問すると答えが得られるという、奇妙な遊び。地方によっては「分身さん」、「エンゼルさま」、「キューピットさま」などとも呼ばれていたので、思い当たる方も多いのではないだろうか。

まぁ科学的な種明かしをしてしまえば記事中にもあるように、潜在意識によって知らず知らずの内に指が硬貨を動かしていたり、或いは同じ姿勢をとり続けることで筋肉疲労から指が動いてしまうといったところなのだろうが、仮に未だ科学で解明されていない超自然的な力の一端を垣間見る方法であったとしても、コックリさんなどに興味を持つのは止めたほうが無難だと思う。

「世界平和・戦争撲滅のため」とか「世界人類救済のため」に愛と真心と純粋な正義感でコックリさんに手を染める人はいるだろうか? 否、大抵の人がコックリさんを行うのは、興味や好奇心、怖いもの見たさの野次馬的精神や、楽して未来を知りたいという不精な心ゆえだろう。

それは人間としての健全な心根とはいえない。コックリさんとは漢字で“狐狗狸さん”と書くが、読んで字の如くキツネ(狐)やイヌ(狗)やタヌキ(狸)のごとき畜生と同様の心根に堕ちてしまう邪法…それがコックリさんの正体なのだ。そんな心根で行う邪法による占いや予言など当てになるはずもなく、

「占い師のわたしに予言で闘おうなどとは、10年は早いんじゃあないかな」
(byモハメド・アヴドゥル:ジョジョの奇妙な冒険第三部 より)

081001_01.jpg
ジョジョの奇妙な冒険 (14) (ジャンプ・コミックス)

と一蹴されるのが関の山である。

記事中ではコックリさん体験が出来るサイトの紹介もされているが、自分はイタズラ半分でもお薦めしない。コックリさんに頼る前に人間として最大限の努力をし、思わず神様がアドバイスしたくなるような存在になるべし!?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

第6の味覚か?『カルシウム味』とは

古来、人間が持つ味覚には甘味(甘さ)、酸味(酸っぱさ)、塩味(しょっぱさ)、苦味(苦さ)の四つがあるとされてきた。その後、20世紀に入り、日本の化学者・池田菊苗氏によって第五の味覚である『うま味』が発見された。もっとも味覚を“発見”したというよりは「人間は昆布などに含まれるグルタミン酸を味として認識していることを突き止めた」と表現したほうが実情に即しているだろう。なお、この発見を元に開発されたのが、うま味調味料(化学調味料)である。そしてこのたび…

「カルシウム味」を認識?=苦くて酸っぱい第6の味覚-米研究者
時事通信

米国にて、人間がカルシウムを『味』として認識している可能性があるという研究結果が報告された。その内容は「ハツカネズミの舌にはカルシウムに反応する2種類のセンサーが存在する」というもの。舌には味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じるセンサーの役割を果たす器官があるが、ハツカネズミは遺伝子の多くをヒトと共有しているため、人間も同じセンサーを有している可能性があるとのこと。

肝心の味に関しては、研究者の博士曰く「カルシウムっぽいとしか言いようがない。苦くて、恐らくちょっと酸っぱい」そうだ。

「カルシウムっぽい」味(笑)。なんとも想像しがたいが、それでは「うま味とはどんな味なのか」と尋ねられても誰にでも分かるほど明快に言葉で説明するのは難しいのでカルシウム味も「そういう味なんだ」と認識するしかないのだろう、おそらく。ともあれ、現時点では人間にカルシウム味を判別する能力が有るかどうかは分からないが、有ることが判明すれば調味料などに応用されていく可能性がある。今後の研究成果に注目したい。

ところで、今回の記事を読んで自分は「味覚ひとつとっても、人間はまだまだ未知なる部分を秘めているのだなぁ」と感心した。今後、おそらくは嗅覚などでも同様に「人間は○○を臭いとして認識している」ことが新たに判明したりするのだろう。

そしてもっと科学が進歩したら、人間が本来持っているとされる五感――視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚――以外の感覚、いわゆる第六感に関しても科学的に存在が証明される日が来るのかも知れない。

いや、もしかしたら

「つきつめていけば究極の小宇宙の正体とは…セブンセンシズなのです!!」
(by牡羊座のムウ:聖闘士星矢 より)

080830_01.jpg
聖闘士聖衣神話 アリエスムウ

とされる、第七感――すなわち小宇宙(コスモ)の存在までもが科学的に存在が証明される日がくるかも!?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 23:59| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

魚の鱗と防弾チョッキの意外(?)な関係

080728_01.jpg
ポリプテルス・セネガルス
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

上の写真は、西アフリカの沼地などに生息するポリプテルス・セネガルスという体長40センチ程度の淡水魚。ペットとして飼育されることもあるので、アクアショップやホームセンターなどで見かけた方もいらっしゃるかもしれない。この魚がいま、あることで非常に注目を集めているという。


なんと、この魚の持つ鱗の構造が防弾チョッキに応用されるかもしれないとのこと。

なんでも厚さ約5億分の1メートルというこの魚の鱗は4層構造になっており、攻撃を受けた時に、衝撃を分散させることで鱗の下の軟らかい細胞組織へ攻撃が貫通するのを防ぎあらゆる損傷を攻撃を受けた鱗の周辺部分だけにとどめる役割があり、結果として非常に際立った防御能力を有するというのだ。これを研究すれば、軽量で、且つ爆風にも強い防弾チョッキが作れるのだとか。

こうした軍事的な事柄に絡む技術の話になると脊髄反射で完全否定する人たちがいる。その心情には一定の理解を示さないでもないが、技術の軍事転用が気に入らなければ、声高に反対を叫ぶよりも、積極的に平和利用する方法を提案するほうが聴衆に受け入れられやすいのではないかと思う。

例えばイルカが超音波を発して水中の物体を感知していることを研究して潜水艦などに搭載されているソナー(音波探知機)は進歩し、敵艦や機雷の発見精度を向上させてきた。これを「許せない」というのであればソナーを用した魚群探知機の進歩も無く、美味しい魚が安価で食卓に饗される確率も減ったはずである。

そもそも或る技術を軍事利用するか平和利用するかは人間側の判断に委ねられているはずだ。話を戻せば、今回話題となっている防弾チョッキにしても、(悲しい話だが)無差別連続通り魔事件のような凶悪事件が頻発する現代社会においては護身用として一般生活においても必需品になるかも知れない

ところでこの防弾チョッキ、魚の鱗がモチーフだけに、将来的には

「雑兵の海闘士ならいざ知らず、私たち七将軍の鱗衣は黄金聖衣にも匹敵する高度な防御能力を備えているのだ」
(by海馬のバイアン:聖闘士星矢 海皇ポセイドン編 より)

080728_02.jpg
聖闘士聖衣神話 シーホースバイアン

と豪語できるだけの防御能力を備えるようになるのだろうか。だとしたら一着欲しいぞ(笑)。あ、でもどうせなら黄金聖衣のほうがいいなぁ…

閑話休題、この防弾チョッキの研究がさらに発展し、一般的な衣服においても防弾・防刃能力が向上した製品が出回るようになれば、救われる命が増えるのではないだろうか。もっとも、そんな心配をしなくてもよい社会になるのがベストだが。


※ご存知無い方のために…読み方解説
・海闘士=マリーナ
・鱗衣=スケイル
・黄金聖衣=ゴールドクロス


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

イライラするときは、お茶を飲もう

現在では自販機やコンビニなどで気軽に購入できるお茶であるが、その昔、お茶は薬として飲用されていた。だからお茶が身体に良いことは今更語るまでもないのだが、お茶の薬効に関して、このたび新たな発見があったという。お茶(緑茶)に含まれるテアニンという成分が、脳に良い効果を与えるというのだ。

ストレスから脳を守る! もっと飲まなくっ“茶”
ZAKZAK

080701_01.jpg
ZAKZAKより

脳がストレスに晒されると、シナプスという神経と神経のつなぎ目部分でグルタミン酸の遣り取りが活発に行われる。これが度を越すとシナプスが死滅してしまうのだが、テアニンには過剰なグルタミン酸の働きを抑える作用があるという。要するにテアニンは、ストレスによる脳へのダメージを防ぐ効果があるというわけだ。

職場、学校、家庭…世の中、ストレスの掛からない生活をしている人など皆無に等しいだろう。

「イライラするんだよ‥‥ こんな所にいると」
(by浅倉威=仮面ライダー王蛇:仮面ライダー龍騎 より)

080701_02.jpg
装着変身 仮面ライダー王蛇

と、思わず口にしてしまうようなときは、積極的にお茶を飲んで脳へのダメージを軽減させたいものだ。

またシナプスは大人になって死滅すると元に戻らないといわれており、認知症の発症に繋がるとも考えられているが、テアニンはそのシナプスを守る効果だけでなく、記憶に関わる脳の海馬の神経細胞を新たに生み出すことにも関わっているとのこと。

つまりストレスから脳を守るだけでなく、ボケ防止にも繋がるというのだ。加齢と共にお茶を良く飲むようになるのは、単なる食性の変化だけではなく、脳が無意識の内にテアニンを摂取しようとするからかもしれない。

ところで現実問題として、人間が社会生活を営む以上、完全にストレスの掛からない生活を送るのは不可能と言っても差し支えないだろう。お茶を飲もうが何をしようが、間違いなく脳へ負担がかかる日々は続く。最悪なのが暴力や破壊などによってストレスを発散する行為だが、自分は日々のストレスをブログを書くという創作活動にぶつけることで発散するよう心がけている。

無論あまりにもイライラが募るとブログを書くどころではなくなるのだが、これからはお茶を飲んで適度にストレスを和らげつつ、書くことにしましょうか…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

「褒められると嬉しくなる」ことが科学的に証明された

「あなたは人に褒められたくてエヴァに乗ってるの?」
(by綾波レイ:新世紀エヴァンゲリオン より)

080424_01.jpg
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

そりゃ、まぁ存在そのものが反則のような使徒などという怪物と命がけで戦っているのに、お褒めの言葉一つないなんて勘弁してほしい…という話ではない。

褒められること、脳にとっては現金もらうのと同じ効果=研究
ロイター

人間の脳について研究している日本の或るチームが、ある実験を行った。それは、被験者にゲームに勝って賞金を得たときと、他人から褒められたときの脳の反応を調べるというものだ。すると、双方とも脳の同じ部位が活性化したという。つまり励ましや賞賛の言葉は、人にゲームに勝って賞金を得たときと同じ喜びをもたらすということだ。

日本では「褒めるとその人間はダメになる」、「叱られるうちが花」などと称し、とにかく人の遣る事成す事にダメ出しをすることが最高の教育であると信じられてきた。

今でもこの思想の信奉者は多い。他人の行動にジャンケンの後出しの如くダメ出しをして相手を散々に貶めておきながら、さも「オレはこいつのためを思ってやっているんだ」と悦に入っているような人のことである。皆様の学校や職場でも心当たりがあるのでは?

だが今回の記事の理屈に当てはめれば、相手を貶めることで、相対的に己の方が偉いと認識するために、相手へのダメ出しを行っていることになる。つまり「オレはこいつよりも優れた人間なのだ」と己で己を褒めちぎり、脳みそを活性化させているのだ。ある種の自慰行為(笑)ともいえるだろう。

他人に褒めてもらえないから他人を標的にして己自身を褒める…そんなことをしなくても天地に恥じぬ立派な行いをすれば自ずと他人から賞賛を浴びて脳が活性化しまくる。少なくとも、そんな人生を選ぶ人間になりたいものですね、お互いに…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

夢を自在に操れる!? 明晰夢とは何か?

夢の内容を自由自在にコントロール!“明晰夢”を見る方法とは?
R25

皆様は、明晰夢(めいせきむ)という言葉をご存知だろうか? 自分も上の記事を読んで初めて知ったのだが「夢であると自覚しながら見ている夢」のことである。「そういわれれば…」と、お心当たりのある方もいらっしゃるのではないだろうか。メカニズムとしては、明晰夢の最中は脳の一部が少し目覚めているような状態となっており、故に「これは夢だ」と自覚できたり、ある程度意識的な行動も出来るのだそうだ。

【参考】
明晰夢
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

記事によれば、明晰夢は普通の夢よりも視覚や聴覚が鮮明に感じられる上に、時には夢の中で好き放題に振舞えることから、主観的な満足度が高いとのこと。しかも明晰夢は、夢を見ている己に気づくよう意識し続ける見た夢を覚えておくようメモを取る、というような訓練をつむと、見られる確率が上がっていくのだそうだ。

非常に興味深い話である。自在に明晰夢を見られるようになれば、

「ラリホー 夢の中で死ねるなんて、ロマンチックだと思わないかい?」
(by死神13:ジョジョの奇妙な冒険第三部 より)

080420_01.jpg
ジョジョの奇妙な冒険 (18) (ジャンプ・コミックス)

という悪夢に悩まされる心配がないばかりか、積極的に吉夢にしていくことも出来るのだ。

「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」とは、『怪人二十面相』シリーズであまりにも有名な推理作家、江戸川乱歩氏が好んで色紙に書いた言葉として有名だが、とかく思い通りには行かないのが現世(うつしよ)の常せめて夢の中ぐらい、思い通りに振舞えたらどんなに痛快だろうか。

でも、記事中でも記者さんが夢日記をつける方法で明晰夢を見るよう試したが、見た夢をハッキリ覚えることは増えたものの、なかなか明晰夢を見るまでには至らないようだ。ご興味のある方は、明晰夢を見る訓練をつんでみてはいかが?

自分は…同じ訓練をするなら、夢ではなく現実世界を自在に操れるよう訓練するつもり(「どうやって」というツッコミはしないで 笑)。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


ラベル:明晰夢
posted by 只今(橘カヲル) at 15:05| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

クローンビジネス、遂にスタート!?

かつてSFの世界でしか語られなかったことを、ひとつ、また一つと人間は現実のものとしてきた。そしてこれもまた現実となった。

クローン犬1匹1600万円=韓国で商業化、米女性と初契約
時事通信

韓国の或るバイオ関連企業が、米国の女性から、死んだ介助犬のクローン犬を誕生させる契約を結んだと発表したとのこと。契約金は日本円にして約1,600万円。依頼主は「わたしの手足となってくれた犬。この時を待っていた」と喜んでいるそうだ。記事では、これを機にペットのクローンビジネスの加速化を予想しているが…。

SFに興味が無い人でも一度は耳にしたことがあるであろう言葉、クローン。本来は植物の枝などを切り取って地中に挿し込み、根を出させて新しい個体を生成する挿し木を意味する言葉であった。そして現在では、失われた臓器を複製してケガや病気の治療に役立てようとする技術なども指す。しかしおそらく、いま人がクローンと聞いて真っ先に思い浮かぶのは姿・形が全く同じである人や動物であろう。この記事におけるクローン犬も、それである。

なおSFの影響もあって誤解されやすいのだが、クローニングによって複製できるのはあくまでも姿形…言い換えれば先天的な部分のみであり、後天的な部分の複製は不可能である。たとえクローンであっても、その元となった個体が後天的に習得した知識や技術に関しては、同じように後天的に学習していくしかないのだ。

そう考えていくと、この記事にある依頼主が望むクローン犬は、ただの愛玩動物ではなく後天的に習得した知識や技術がものをいう介助犬である、という点は気に掛かる。たとえ同一の遺伝子を持つ個体であっても、それは知識や技術を完璧に習得し、一人前の介助犬となって彼女の役に立てるという保証にはならないのではないだろうか?

ところで、

「記憶こそが時間。そしてそれこそが人を支える。」
(byデンライナーのオーナー:仮面ライダー電王 より)

080214_01.jpg
仮面ライダー電王 アクションライナーシリーズ1~4 DXデンライナーゴウカ

という言葉があるが、彼女にとって、パートナーであったその介助犬と過ごした記憶…別の言い方をすれば思い出は、彼女を支える上で無くてはならないものなのだろう。だからこそ、時間面でも費用面でも手間暇の面でも楽だと思われる、他の介助犬を新しいパートナーとして選ぶ道を選ばなかったと思われる。

しかし彼女に認識して欲しいのは、いかにクローン技術を用いたとて、死んでしまったかつてのパートナーが生き返ってくるわけではないこと。その犬は、遺伝子情報こそ同じであるが、貴方が愛した存在とは別の存在なのだ。なぜなら、クローンといえども記憶まで複製しているわけではないのだから。

今後は過去の記憶を支えに、新しい記憶を“新しい”パートナーと共に積み重ねていってください。そして“新しい”パートナーとの記憶が、今後の貴方を支えますように…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 23:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

現代科学で『ガンダム』を製造、一体800億円なり

「ガンダム」制作費800億円! でも、時速8キロしか走れない
J-CASTニュース

空想科学の世界におけるロボットや乗り物などを現代科学で作り上げたら、いったいどのぐらいの費用や期間がかかるのだろうか…という試算を行う人は、たまにいる。今回の記事で紹介されているのも、こうした人が出した試算である。

自分は、巨大ロボットを動かせるような機会に恵まれたら、第一声は

「こいつ…動くぞ!」
(byアムロ・レイ:機動戦士ガンダム より)

080121_01.jpg
MG 1/100 RX-78-2ガンダム Ver.O.Y.W.0079 アニメーションカラー

にしようと心に決めており、実際にその日がくることを心待ちにしている人間ではある。しかし同時に現代科学ではアニメに出てくるような巨大ロボットが完成する日が来るのは遠いことも十分承知している。そして「現代科学で空想科学を実現したらどうなるか」という定義にほとんど意味がないことも。

なにろ空想科学世界でのエネルギー源は大抵現代科学で知られるそれよりも遥かに高出力かつ無尽蔵だったりするし、金属(装甲)にしても現代科学で造られる金属よりも遥かに強固で且つ軽量だったりするのだ。

そんなエネルギー源や金属が存在し、しかもそれだけの物を生み出せる科学技術があるならば、他方面の技術も相当に発達しているであろうことを前提として成り立つ存在を、それよりも遥かに劣る現代科学で造ろうとすれば、この記事にもあるように時速8キロぐらいで走る――というより歩く――のが精一杯なのに一台800億円もかかる、まったくコストパフォーマンスの悪い代物が出来上がるのが当たり前である。

こうした試算を行う人の中には、悲しいかな空想科学のいわゆる揚げ足取りを目的とする人も多いのだが、しかし自分がこの記事で好感を持ったのは、今回、この計算を行った人が、将来的に「車椅子代わりに使えるロボット」を造ることを目指しており、その研究の中で行われた試算であるということだ。

環境を機械に合わせる人工的はバリアフリーには限度があるので、機械が環境に合わせていくことが必要になる。その中で、不整地を走破するためには自分の足で歩行できるロボットが適任…という考え方なのだそうだが、これは非常に面白い考え方だと思う。人のいけるところを全て舗装道路にするというのは事実上不可能だから、それを補う技術は今後不可欠となっても可笑しくはない。

個人的には、不整地の走破が目的であれば人間のように二足歩行に拘る必要はなく、寧ろ獣のような四足歩行や昆虫類のような多足歩行の方が技術的にもバランスが取りやすいのではないかと思うが、そこはそれ日本人はマンガやアニメのお蔭で「ロボット=二足歩行の人間型」というイメージの刷り込みが出来ているので(笑)。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

今度の“ガンダム”は農作業用?

この記事の見出しをみたら

「洗濯出動に行かせてもらいます」
(byロラン・セアック:∀ガンダム より)

071205_01.jpg
MG 1/100 ターンエーガンダム

といって、巨大ロボットを衣類の洗濯に使った少年のことを思い出した。

農作業用ガンダム? 筋力補助スーツを開発
iza

とはいっても、こちらの“ガンダム”は人が乗って操縦するタイプの人間型ロボットではなく、

防衛省:“ガンダム”新装備を公開 暗視カメラに生体認証、ファンネル?も
毎日新聞

でもチラリと触れられている強化装備スーツのこと。しかし手足などに装着して筋力を強化するタイプのロボットスーツとも違い、スーツ内部に仕込まれたゴムとモーターの力で腰への負担を軽減し中腰での作業が楽に出来るようにしたものだそうだ。なんでも腰や背中への筋肉疲労が14%軽減されたという実験結果もあるのだとか。その名をスマートスーツ。公式HPによると、この場合のスマートは“高機能”の意という。

071205_02.jpg
スマートスーツ研究会HPより(画像をクリックすると当該HPへジャンプします)

人間の代わりを機械にさせるのではなく、人間の動作を機械仕掛けにより補助するというのが、従来研究されてきた強化服とは着想が異なる点。これにより総重量も軽くコストも抑えられ、しかも行動に自由が利くというのは実用化に向けてプラスに働く将来は介護の分野への応用も期待されているそうだ。

冒頭で紹介した少年、ロランはガンダムを作業用ロボットとして上記に挙げた洗濯以外にも様々な目的で平和利用している。平和利用される“ガンダム”なら、どの方面からも否定されるいわれはない。もっと研究が進んで、日常生活に溶け込むような存在になれば、もう少し便利な世の中になるのかな?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

新手のスタンド使い、米科学雑誌に現る!?

「きさま 新手のスタンド使いかァーーーーーッ」
(byジャン・ピエール・ポルナレフ:ジョジョの奇妙な冒険第三部 より)

070908_01.gif
ヤフーニュースより

と思わず声を上げずにはいられない、このイラスト。実は、

人気漫画、米科学誌表紙に=日本人研究者論文、イメージ化-「ジョジョ」荒木さん
時事通信

『Cell』(セル)という米国の科学誌の表紙である。同誌に掲載された、神経細胞間のつなぎ目に当たるシナプスで神経伝達に直接関わる他のタンパク質を分解することから「スクラッパー」と名づけられたタンパク質に関する、或る日本人研究者の研究内容をイメージ化したものとのこと。なんでもこの論文を書いた准教授が『ジョジョ』の作者である荒木飛呂彦先生のファンで、ツテを辿って論文内容のイメージ化を依頼したのだそうだ。

考えてみれば、研究論文のイメージ画を漫画家に描いてもらうなんて、突拍子も無い発想である。おそらく、キッカケはこの准教授が「『スクラッパー』なんて、まるでスタンドみたいな名前だな…」とチラッと思ったことなのだろう。その思考は、同じ荒木先生のファンとして良く分かる(笑)。

しかしアルキメデスが風呂に入った際、湯が湯船から溢れるのを見て「水中の物体は、その物体がおしのけた水の重量だけ軽くなる」というアルキメデスの原理を発見したように、発明・発見の分野では、案外そうした些細なキッカケや思いつきが重要な役割を果たすもの。更にこの教授は、前述したようなちょっとした思い付きをツテを辿ることで実現してしまったことでも分かるように実行力にも優れている

日本人は理数系に弱くなった」という言われ方をされることが間々あるが、こうした閃きと実行力を併せ持つ研究者がいる限り、心配する必要はなさそうだ。
(≧∇≦)b


まずはこのあたりから科学への興味を…。
posted by 只今(橘カヲル) at 00:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(2) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

計画出産への努力に意味はあるか

菜々子もビックリ!? まるで宅配便…計画妊娠増加
ZAKZAK

最初に言っておくと、上の記事は松嶋菜々子女史と直接的な関係はない最近では宅配便の時間指定オーダーの如く、計画的に子供を生もうとする親が増えているという内容だ。理由としては

・お受験を考え早生まれにしたくないから
・共働きなので仕事がひと区切りする時期に
・年齢的に今年中にはどうにか


といった現実的な理由もあるが、一番多い理由がなんと占いなのだそうだ。占い師に星回りなどでお伺いを立て、出産月はおろか、具体的な日や時間まで指定するとのこと。

まぁ気持ちは判らないでもないが、ちょっと「?」なところはある。実際にどの程度“計画出産”が可能かというと、自然分娩であれば予定日の前後2週間程度のズレは十分起こりえるそうだ。共働き云々といった現実的な理由ならまだしも、占いをベースに出生日を決めるのは如何なものか。

上手く計画通りに生まれてくればいいが、もしも狙った日よりもズレて生まれてきたとして、例えばその子がお受験に失敗したとしたら占い通りに生まれてこなかったからだ」とダメ人間の烙印を押されてしまうのだろうか

人がいつ、この世に生まれるのかというのは、本来大自然の摂理が司る分野である。確かに、男女の別や生まれた国の違いなどによって、ある程度運命は決定する。例えば男である自分はミスユニバースへの出場権利はないし、日本に生まれたためアメリカ大統領への道も閉ざされている。

そう思えば、もしかすると、生年月日をベースにした占いというのは神のみぞ知る運命という名のシナリオを解読する手段の一つなのかもしれない。しかし、生まれた日が全てを決定するのだとしたら、後天的努力の類は何の意味も持たないことになりはしないか? それこそ“計画出産”に向けた努力さえも…

そうやってシナリオに拘って

「死海文書にない事件も起こる。老人にはいい薬だろう」
(by碇ゲンドウ:新世紀エヴァンゲリオンより)

070830_01.jpg
リボルテックヤマグチ No.32 新劇場版エヴァンゲリオン初号機

と陰口を叩かれるよりは、自然の摂理に身を任せるほうがよほどマシなような気もする。まぁ、それで「できちゃった結婚」というのもカッコ悪いが(笑)。


占星術いろいろ
ラベル:計画 出産 占星術
posted by 只今(橘カヲル) at 23:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

心臓震盪(しんぞうしんとう)とは何か?

その昔、仮にスポーツが原因で怪我や病気になったとしても「鍛え方が足りないんだ!」と一蹴されることが少なくなかった。これは日本人にとって、身体を動かして楽しむという遊戯としてのスポーツという概念が永らく存在せず肉体鍛錬の要素をも多分に含んだ勝敗を競うための身体的技能訓練こそがスポーツだったからだろう。平たく言えば、日本人にとってスポーツとはサムライの行う武術鍛錬が形を変えたもの、との解釈が一般的だったのだ。

身体能力に劣る――いわゆる運動オンチ――の子供が差別・迫害の対象となる光景が残念ながら珍しいものではなかったり、体育会系の部活動内における教員・上級生による暴力的指導が伝統と称して脈々と受け継がれていたり、「たとえ炎天下であっても運動中には一滴の水も飲んではならない」といったような医学的に誤った常識の改善が遅々として進まなかったりするのも、スポーツ=鍛錬・修行の構図が影響していると思われてならない。

だから、自分はこのような話は素直に歓迎したい。

野球少年のハート守る「心臓震とう予防パッド」
読売新聞

心臓震盪とは聞き慣れない言葉だが、心臓の動きの中で、あるタイミングで衝撃が加わると、心臓の筋肉が痙攣している状態となり、心臓は収縮できず血液を送り出せない…つまり心臓が停止してしまう状態になることを差すのだそうだ。そして心臓震盪の発症に、例えば肋骨が折れるほどの強烈な衝撃は必要ではなく、それこそ子供が投げた野球のボール程度の衝撃で十分だというのだから恐ろしい。

その心臓震盪から子供達を護るための胸部保護パッドが開発されたことを記事は伝えている。もしかしたら、一昔前であれば「鍛え方が足りないんだ」で済まされていたかもしれない悲劇を防ぐため、こうした正しい医学的知識に基づく安全策が現場に導入されているのは嬉しい限りといえるだろう。


残業が超絶的に長引いたため、日を跨いでのアップとなってしまった…。
posted by 只今(橘カヲル) at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:サイエンス | 更新情報をチェックする