2007年12月16日

全体的な完成度が高い、二子玉川『博多濃麻呂』さん

071216_02.jpg 071216_01.jpg
東急線・二子玉川駅

現在住んでいる自由が丘から距離的に近いので、自分は二子玉川駅周辺にもよく出没する。この日も、明確な目的もなく彷徨っていたのだが、そんな自分の目の前にこんな風景が飛び込んできた。

071216_03.jpg


髙島屋二子玉川店の本館と南館の間の道を進んだ先、高速道路高架下付近に店を構える(詳しい場所は上部リンク先を参照)『博多濃麻呂』(はかたこくまろ)さん。訪れた際の時間は14:30を過ぎており、食事時というには少々外れている。それなのに店先には行列が形成されていた。「ははーん、ニコタマに行列の出来る博多ラーメンの店があると聞いていたが、この店のことか…」と納得し、行列に並んで入店することに。

071216_04.jpg
ラーメン(580円:税込)

店はカウンターのみで7~8人も座ればキャパシティの限界といったところ。ただし客の入りが良いので店内の写真を撮る余裕は無かった。着席して一番ベーシックなラーメンをオーダー。程なく運ばれてきたのがこちら。やや脂が多めに浮いている白濁した博多風トンコツスープに、ネギ・チャーシュー(煮豚)・海苔・キクラゲというシンプルな構成

071216_05.jpg

まずはスープを啜ってみた。自分は豚臭いトンコツスープのラーメンが非常に苦手なのだが、こちらのスープは臭みを出すことなくトンコツの旨味を抽出することに成功している。まぁ「纏まってはいるけれど『博多濃麻呂』という店名からすれば、もっと濃厚なスープでもいいのになぁ」と感じたのも事実ではあるが、

071216_06.jpg

ただ、同店では紅ショウガや高菜、

071216_07.jpg 071216_08.jpg

すりゴマやクラッシュニンニクなどのトッピングが充実しており、これらを投入して食してみると、そうした不満は解消された卓上の薬味が投入されることを前提として味を組み立てているのだとしたら、こちらの店主は相当な切れ者である

071216_09.jpg

一般的な博多ラーメンの店に比べると「麺はやや柔らかめだなぁ」だと感じた。そのため

071216_10.jpg
替玉(150円:税込)

替玉を注文する際に「麺は固めでお願いします」とオーダーしたところ、自分にとってはBESTの固さとなった。細くて歯応えと喉越しの良い麺がスープを絡めて口中に入り込むと、満足感で胃の腑が満たされていく。

071216_11.jpg
完食!

前述したように個人的に若干引っかかった点はあるものの、全体的な完成度は高く、東京ではオススメできる博多ラーメンの一店である。おそらく自分が引っかかった点も、店主が日々精進していく過程でどんどん良い方向に変化していくのではないかと思う。また近いうちに訪れて、その変化を楽しみたい。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 16:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

二子玉川“博多濃麻呂”
Excerpt: 前から気になってたお店。 今年81杯目ですよと。 最寄:二子玉川 電話:03-3708-2790 住所:東京都世田谷区玉川3-14-6 定休:無休 平日:11:00~翌2:00 土曜:11:0..
Weblog: Fat-Diary
Tracked: 2009-04-28 08:53