2007年12月15日

「お前はもう死んでいる」そう告げられたとき、あなたは…?

想像してみてください。

もしも貴方が、お役所に書類の申請にいったとき、

「お前はもう死んでいる」
(byケンシロウ:北斗の拳 より)

071215_01.jpg
北斗の拳 ケンシロウ&黒王号200X

といわれたら、どんなリアクションをとればいいと思いますか?

身分証明書の更新、“あなたはすでに死んでいる”と拒否された男性
エキサイト世界びっくりニュース

その“事件”はルーマニアのとある町で起こった。ある男性が身元証明書の更新をしようと書類を提出した。ところが当局の職員が「1999年3月3日にあなたが死亡したことを証明する死亡診断書が提出されています。死因は呼吸困難、同月に埋葬もされています」と男性に説明し、更新できないことを伝えたそうだ。

現在自分が生きていることを証明する書類を作成しているこの男性は憤りを顕わにしているし、男性の親族も驚きを隠せないでいる。死亡届が提出されたころ、男性は病気になっていたわけでもないのだから当然の反応だろう。しかし死亡診断書の内容は人違いであるとは思えない内容だというのが奇妙ではあるが。

まぁ書類作成時か帳簿への記入時、もしくはオンラインシステムへの入力時に何らかのミスか不手際があったと考えるのが最も妥当ではある。日本でも、例えば同姓同名を起因とするこうした間違いは後を絶たない。

ルーマニアでも事情は同じなのか、当局の責任者は「同じような間違いが過去にもありました。ですが、誰かにある人物がすでに死亡していることを告げるのは、そんなに深刻なことでしょうか?」とアッサリとしたコメントを返している。自分が死亡していることを告げられるのは相当深刻な問題だと思うのだか(笑)。

洋の東西を問わず、お役所仕事というのはこうゆう物なのかもしれない。
(ー。ー)フゥ

皆様もお気をつけください。いつの間にか“死亡”していることがありえるかも…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




ラベル:ルーマニア
posted by 只今(橘カヲル) at 20:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 雑感:海外 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ日本のお役所で同様のことがあったら謝るには謝るでしょうけどすぐさま
「では死亡届がだされてから今日までの徴収できなかった税金の請求書を・・」
とかなるんでしょうねえ・・www
Posted by 記号士 at 2007年12月16日 15:21
>記号士さん
大いに可能性がある話ですねぇ(笑)。そのうえ責任のなすりあいが始まることも目に見えています…。
Posted by 只今 at 2007年12月16日 16:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

北斗の拳も真っ青
Excerpt: 身分証明書の更新、“あなたはすでに死んでいる”と拒否された男性(excite.ニュース) パチンコ台にもなった漫画「北斗の拳」。その主人公の言葉で有名なのが「お前はすでに死んでいる」その言葉を言ってす..
Weblog: すきま風
Tracked: 2007-12-16 09:54

「お前はもう死んでいる」と言われたら
Excerpt: 「お前はもう死んでいる」と言うのは「北斗の拳」のケンシロウ。  でも、お役所に言われたら? 
Weblog: つれづれなるままに
Tracked: 2007-12-16 16:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。