2007年11月22日

韓国旅行追想記(5)「ま、まさか、あの…」

071122_01.jpg 071122_02.jpg
写真左:ソウル市庁 写真右:ソウルタワー

早いもので、韓国旅行も最終日となった。先日の夕食がイマイチ期待はずれで、まんじりともしない一夜を過ごした自分であったが、この日の気分は思った以上に軽かった。それは、今回の社員旅行における一番の目玉とも言える場所に向かうからだったかもしれない。

071122_03.jpg
韓国軍の監視小屋

バスに乗り、ソウル市内から北上すること約一時間ほど。ここが日本であれば都会の喧騒を過ぎると長閑(のどか)な田園風景が広がるところであるが、代わりになにやら物々しい雰囲気の建物が増えていく。我々の目指しているところ。それはイベント施設や一般的な名所・旧跡の類ではない。

071122_04.jpg 071122_05.jpg

目的地に着くと、そこにはモニュメントが設置されていたり、周辺の地図が大きく掲げられている。これだけ見ると、まるで一般的な観光地のようではある。

071122_06.jpg 071122_07.jpg

また韓国ムードの漂う建築物や、遊園地のような乗り物まである。しかし、ここは決して一般的な観光地ではない。

071122_08.jpg

ここは、一体どこなのか。その正体は、この橋の先にある。

071122_09.jpg

この橋は、ここで行き止まりである。普通の人間は、ここから先へは行くことが出来ない。そして、ここが今日の目的地ここは国境…そう、ここは普通の人が近づける韓国と北朝鮮の国境の限界点なのである。

日本に暮らしていると肌で感じることは難しい“国境”という概念。しかもここはただの国境ではなく、同じ民族を南北に分断する境界線なのである。そこに、今自分はいる。

色々と考えさせられ、また複雑な思いが去来するこの場所。ありきたりの観光旅行も良いが、機会があれば、皆様も訪れてみて欲しい。


以下余談

071122_10.jpg

この橋の袂、向かって右側にご注目。

071122_11.jpg 071122_12.jpg

この人は、ま、まさか、あの…(以下自主規制 笑)。


TO BE CONTINUED…


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック