2007年10月14日

京都大学教授、酒に飲まれて失敗

071014_01.jpg 071014_02.jpg
京都大学(今夏の京都旅行の際に撮影)

京都大学(旧:京都帝国大学)といえば、東京大学と並び称される日本最高学府。創立以来、何事も学生の自主性に任せるという「自由の学風」の精神で知られ、それ故か日本人初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士を始め、自然科学分野におけるノーベル賞受賞者の出身大学としては日本最多となっている。

その京都大学の某教授が、こんなことで新聞紙面を賑わせてしまった。

京大教授、無銭飲食で逮捕…水割り・ビール1万2千円分
読売新聞

京都大学の某教授が、山口県宇部市の或る飲食店に1人で来店。約3時間の間アルコールを飲み続けたことから強(したた)かに酔っ払ってしまい、代金を払わずに店を出てしまった。つまり無銭飲食である。店からの通報により駆けつけた警察官に現行犯逮捕されてしまった某教授、当初は取り調べに対し

「全く手荒な歓迎ですな」
(by冬月コウゾウ:新世紀エヴァンゲリオン より)

071014_03.jpg
必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.10 CR新世紀エヴァンゲリオン ~奇跡の価値は~

…と言ったかどうかは定かではないが(笑)、とにかく容疑を否認していた。しかしアルコールが抜けて冷静な判断が出来るようになってからは容疑を認め、代金を支払った。警察も「逃走や証拠隠滅の恐れがない」として釈放したそうだ。まぁ、京都大学の教授だったから新聞沙汰になったような事件ではある。だが裏を返せば、社会的地位のある人はそれだけ社会的責任も重いという事の証左でもあろう。

大学教授といえば、自己の研究に関するストレスもさることながら、どんな組織にも多かれ少なかれ存在するであろう権力・派閥抗争に絡むストレスなどで気の休まる暇も無い職業なのかもしれない。しかし全くストレスの溜まらない生活など、人間が人間として生きていく以上はありえない。やはり他人に迷惑をかけるまでアルコールを摂取するのはNGである。

ともあれ教授、今後はアルコールは程々に…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 05:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感:事件 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

京大教授 無銭飲食
Excerpt: 京大教授、無銭飲食の容疑で逮捕 山口・宇部(朝日新聞) - goo ニュース 近頃は「堅いと思われている仕事に当たる人」の不祥事が絶えませんね。 警察官の痴漢行為、教員の猥褻行為、銀行員の窃盗、公務..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2007-10-14 07:38