2007年09月26日

双葉山も嘆く、弟子リンチ致死事件

6月の終わりのこと。今春入門したばかりの若い力士が、稽古後に容態が悪化し、死亡したこの事件は、始めは意外なほど小さく報じられていた。一人の人間が死亡し、当時から「遺族が弔問に訪れた人に遺体との対面を断った」というほどの惨状だった、という話が伝わってきていたにも関わらず、である。

そのうち、横綱朝青龍関の仮病疑惑がワイドショーで大々的に報じられるようになると、この事件は人々の脳裏から忘れられ、そのまま風化していくかと思われた。ところが…。

大相撲:時津風部屋力士急死・親方立件へ 「通常のけいこ」一転、暴行認める
毎日新聞

時津風親方(元小結双津竜)が警察の任意の事情聴取に対し、酒席で親方自身がビール瓶で被害者の額を殴ったという暴行の事実を認めていたことが判明した。また親方は弟子三、四人が稽古場の調理室裏で、被害者に殴る蹴るの集団リンチを加えたという弟子たちの暴行についても認めているとのこと。

警察では傷害及び傷害致死容疑での立件に向け、暴行と死因との因果関係を慎重に捜査しているそうだ。まずはこの事件が風化しなかったことを喜びたい。

しかし当初は素知らぬ顔で「通常のけいこだった」と遺族に説明していたはずの時津風親方。ここに来て暴行の事実を認めたというのは、心を揺るがす何がしかの出来事でもあったのか。もっとも時津風部屋の祖である偉大なる大横綱、双葉山ですら、連勝が69でストップしたときに

「イマダモッケイタリエズ(未だ木鶏たりえず)」

070926_01.jpg
双葉山定次―相撲求道録 (人間の記録 (95))

との電報を親しい人に打っている。木鶏とは木彫りの鶏のように何事にも全く動じないことを表す様だが、21世紀の世になっても未だ破られぬ大記録を打ち立てた傑物であっても「未だ木鶏たりえ」なかったのだから、親元から預かった弟子を暴行で死なせてしまうようなレベルの人間では、動揺を抑えきれなかったとしても無理は無い

警察の捜査の進展次第では、相撲協会としては朝青龍問題以上に辛い試練となるだろう。しかし協会がここで逃げの姿勢をとれば、競技人口の減少や人気の凋落に歯止めがかからない大相撲の現状に自ら止めを刺すことになりかねない。相撲協会が対応を誤らないことを臨みたい。

ところで、相撲界には昔から「かわいがる」というスラング(隠語・業界用語)がある。時に制裁の意味合いも含まれる厳しい稽古のことだ。その「かわいがり」を拡大解釈して暴行を加え死者まで出し、名門・時津風部屋の名に傷をつけたのだ。時津風親方も暴行に加わった弟子たちも、いずれあの世で大師匠・双葉山に再会した時にはタップリと「かわいがって」もらえることだろう


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


ラベル:大相撲
posted by 只今(橘カヲル) at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(9) | 雑感:スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

明るい話題とそうでない話題
Excerpt:  平成19年11月場所の番附編成会議が行なわれた。  幕下10枚目格で初土俵を踏み、勝ち越しを続けながら十枚目が遠かった市原と、第2検査組の磯部改メ磋牙司[さがつかさ]、平成8年初土俵の芳東の、3人..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2007-09-27 00:51

時津風親方を立件へ、17歳力士を傷害で
Excerpt: 17歳力士の急死は部屋ぐるみのリンチだった! 大相撲時津風部屋の新潟市出身の序口力士・時太山(本名:斉藤俊さん)が、大相撲名古屋場所のため、愛知県犬山市に設けていた稽古場で、6月26日の稽古後、体調..
Weblog: Y's WebSite : Blog ~日々是好日~
Tracked: 2007-09-27 00:58

時津風部屋は潰すべきだと思う
Excerpt: 本当に酷い話であります。まぁ、大相撲の世界では「慣習」或いは「当たり前」とかいう話になるんでしょうけど・・・でも、もう時津風部屋では明確な「殺人事件」があったわけで、この部屋は潰すべきだと思います。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2007-09-27 07:16

時津風親方はプロレスに転向するのか
Excerpt: 以前のエントリーで時津風部屋の時太山(ときたいざん)の急死について触れたことがあった。全く動きがなかったので事故として扱われたかと思っていたが、立件されるようだ。大相撲...
Weblog: What's On...
Tracked: 2007-09-27 08:02

[時太山]やはり稽古ではなかった
Excerpt: 以前、こちらのエントリで触れた事件ですが、捜査がかなり熟してきたようです。 時津風親方ら立件へ 力士暴行死(産経新聞) (元ニュースはこちら) (記事引用) 大相撲の時津風部屋..
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2007-09-27 21:33

「逃げろと言えばよかった」=遺族の父、涙まじりに-時津風部屋の力士死亡・東京
Excerpt: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「逃げろと言えばよかった」=遺族の父、涙まじりに-時津風部屋の力士死亡・東京 大相撲時津風部屋の力士斉藤俊さん=当時(17)=がけいこ中に急死した...
Weblog: 雪ノ助、世の中それでいいのか―ニュースブログ―
Tracked: 2007-09-27 23:08

愛情なきシゴキの結末-時津風部屋
Excerpt: 【リンチの末に?】 こんなことが日常行われているとしたら相撲界は相当病んでいるとしか思えないニュースが連日報道されています。  『大相撲時津風部屋の序ノ口力士斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)が急..
Weblog: 博多っ子の元気通信
Tracked: 2007-09-28 05:51

大相撲時津風部屋「時太山死亡事件」立件へ
Excerpt:  時太山事件がついに刑事事件として動きました。 YOMIURI ONLINE(読売新聞)力士死亡「過度の暴行」で時津風親方ら立件へ…愛知県警 愛知県犬山市の大相撲時津風部屋の宿舎で、序ノ口力士、斉藤..
Weblog: 子育ちパパの航生日誌Q2.0
Tracked: 2007-09-28 13:13

時津風部屋「殺人」事件に思うこと
Excerpt: まず、時津風部屋傷害致死事件の概要について、新聞記事を引用してご紹介。 [時津風親方]力士急死巡り傷害の疑いで立件へ 愛知県警 2007年09月26日13時33分  愛知県犬山市で..
Weblog: japanjapanjapanのおすすめ(仮)
Tracked: 2007-09-30 11:38