2007年08月28日

コンビニの人手不足とネットカフェ難民

070828_01.jpg
※写真は記事の内容と関係ありません

学生時代、コンビニでバイトをしたことがある。そのころの勤務シフトといえば、基本的に8時間勤務の3交代制だったが、なかなか人が集まらないそうで、コンビニ業界は四苦八苦しているそうだ。そこで各社知恵を絞っている。

コンビニ店人手不足で四苦八苦 15分から勤務OK 求人専用サイト
J-CASTニュース

例えばセブンイレブンなどでは、経験者限定ではあるが、店ごとに登録をし、店が急に人手が必要になったときにヘルプに入ってもらい、バイト料は日当という制度を導入するそうだ。原則は15分からということではあるが、イメージとしては1時間程度からの勤務時間とのこと。ランチタイムなど煩雑時の増援という形での運用だろう。

そのほかでは、ローソンがバイト募集に関わる店側の負担を軽くするためにコールセンターを設置したり、サークルKサンクスが専用求人サイトを設置するなどしているそうだ。店の経営が苦しければ時給のアップという手段も中々取り辛いようで、それ以外の手段で人手を集めねばならず、頭を痛めているそうだ。

しかし、一方でこんな記事もある。

ネットカフェ難民5400人 厚労省、初の実態調査
ネットカフェ難民「自力で脱出は困難」 その日暮らし、貯金なく
産経新聞

住居がなくインターネットカフェなどで寝泊まりしている人が全国で約5400人いると推計されることが28日、厚生労働省が実施した調査で分かったそうだ。このうち半数の約2700人が、日雇い労働など非正規労働で生計を日々立てているとみられるとのこと。

人手不足のコンビニ業界と、ネットカフェ難民と呼ばれる人々。この二つは上手く結びつけられないものだろうか?

「この2人組、相性が良すぎる! 今まで出会ったどのチームよりも!」
(byブローノ・ブチャラティ:ジョジョの奇妙な冒険第五部より)

となれる可能性を秘めているような気がするのだが…。


コンビニ経営をこれで体験


posted by 只今(橘カヲル) at 23:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:経済 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね・・仕事である程度の安定収入があれば住居もどうにかなれそうだし・・・というより現住所がないから雇ってもらえないとか・・?
Posted by 記号士 at 2007年08月29日 23:02
>記号士さん
>現住所がないから雇ってもらえないとか・・?
安定した収入が無いから定住できない→ネットカフェに住み着くしかない→現住所がないから雇ってもらえない…のスパイラルに苦しめられているようです。どこかでこの負の連鎖を断ち切らねばならないと思われます。
Posted by 只今 at 2007年08月29日 23:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。