2007年08月07日

ベネズエラ大統領、新記録を樹立!?

070807_01.gif
ベネズエラ国旗

ベネズエラは、南アメリカ大陸にある国の一つ。正式名称はベネズエラ‐ボリバル共和国。石油の輸出が基幹産業で、また南米には珍しく野球が盛んな国としても知られている。さて、同国の大統領、ウゴ・ラファエル・チャベス・フリアス氏が、このたび記録を打ち立てた。

ベネズエラ:チャベス大統領、7時間43分しゃべり続ける
毎日新聞

自身が司会を務め、テレビ・ラジオで生放送されている番組が、7時間43分(!)という放送時間の連続長時間記録をマークしたのだそうだ。この番組は放送時間というものが特に設定されておらず、またチャベス大統領が弁の立つ人であるため、毎週数時間にも及ぶ放送がされるそうなのだが、スタッフに時刻を確認して「記録を破った!」などと宣言しているところを見ると、意図的に“記録更新”を狙っていたのかもしれない

この話を知って、学生時代の校長先生の朝礼を思い出した自分は不謹慎だろうか?皆様もご経験があると思うのだが、長話をする校長先生が児童・生徒に支持された試しはないのではないか

人間はどんなに耳を研ぎ澄ませても、どんなに必死にメモを取っても、一度に言われたことのうち身につく量は限られている人間の集中力には限界があるからだ。ただ長時間話をするよりも、要点をキチンと押さえ、起承転結を考えてキチンと時間を区切って話すほうが、人々の印象に残りやすく、結果として有利だと思うのだが…。

無論、短ければいいというものでもない。

「わしが男塾塾長 江田島平八である!!」
(by江田島平八:魁!男塾より)

070807_01.jpg
天下無双江田島平八伝 1 (1)

一言だけでどの登場人物よりも圧倒的な説得力と存在感を他人に与えることが出来る、あのお方のレベルにまで到達するのは誰にも出来ないであろうから、ある程度の長さの会話は必要にはなる(笑)


いまだ支持者も多い快作


ラベル:ベネズエラ
posted by 只今(橘カヲル) at 23:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:海外 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャベス大統領…国民からますます嫌われそうですね。「自身が司会を務め、テレビ・ラジオで生放送されている番組」って、あの政府系チャンネス「TVes」でしょうか。反チャベス派の民法放送局ラジオ・カラカス・テレビを閉鎖して始めた…。
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-716.html

同じ長い演説でも、ボリビアのモラレス大統領くらいおもしろけりゃ、集中力も続くのですが…。
Posted by valvane at 2007年08月08日 07:29
>valvaneさん
威勢のいい物言いの為政者は貧困層からの支持を取り付けやすいものですが、番組内での大統領の振る舞いは、政治的パフォーマンスの意味合いが大きいのかも知れません。
Posted by 只今 at 2007年08月09日 00:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。