2007年08月05日

中華そば屋『伊藤』さんで味わう完成度の高いスープ

名人、達人の類は、何処にいるか分からないもの。名店も何処にあるか分からないもの。今日は、お世辞にも交通の便が良いとはいえない場所にあるとは言えず、また目立たない外見ではあるが、ハイレベルな一品を出す店をご紹介したい。

070805_01.jpg 070805_02.jpg
東京都北区:王子駅

一応、最寄り駅は王子駅になる。赤羽と並ぶ、東京北部を代表する大都市である。

070805_03.jpg 070805_04.jpg
豊島中央通り商店街

その王子駅から十数分歩くか、バス利用なら豊島三丁目というバス停で下りると、こちらの豊島中央通り商店街に辿り着く。この通りをさらに進むこと数分、ようやくご対面できるのが、

070805_05.jpg


こちらの中華そば屋『伊藤』さんである(詳しい場所は上部リンク先を参照)。拍子抜けするほどシンプルな外見で、また暖簾が店の内側にかかっているため営業中なのかどうかも判然としないが、

070805_06.jpg

扉に営業中との札がかかっていれば大丈夫

070805_07.jpg
中華そば屋『伊藤』内部

内部もコンクリートの壁が剥き出しで、その中にカウンター席とテーブル席がチョコチョコあるだけ。唯一目立つ調度品といえば、

070805_08.jpg

メニューや営業時間が書かれた紙が張ってある葦簀(よしず)ぐらい。やたらと内装に凝るラーメン屋が増えた昨今では確かに殺風景ではあるのだが、内装に懲りすぎているラーメン屋には奇妙な居心地の悪さを感じてしまう自分にとっては居心地の良い空間でもある。なお葦簀には、

070805_09.jpg 070805_10.jpg

化学調味料不使用、自家製麺といった興味深いキーワードも掲載されている。

070805_11.jpg
メニュー

メニューを見ると、なんと二種類しかない。店舗の作り同様シンプルな構成である。選べるのは基本メニューの『そば』と、チャーシュー(煮豚)の入った『肉そば』。オプションで『大盛り』と『スープ増し』が選べる。『大盛り』は分かるが『スープ増し』という聴きなれない項目には疑問符が浮かぶ方も多いだろう。それは、実際に同店のラーメンを注文してみれば分かる。

070805_12.jpg
肉そば(650円:税込)

写真だと分かり辛いかもしれないが、ノーマル状態だとスープの量が一般的なラーメンよりもかなり少なめなのだ。一般的なラーメンだとスープは器にタップリと注がれ、麺はスープからようやく頭だけが覗いているような状態であるが、同店では麺が肩まで露出しているぐらいのラインまでしかスープが注がれていない…と説明すると、ニュアンスが掴めていただけるだろうか。

070805_13.jpg

だが驚くべきは、スープの絶対量の少なさではなく、その味である。煮干から取ったと思われる魚介系スープだが、苦味のようなマイナス面を一切感じさせることなく旨味だけが丁寧かつ徹底的に抽出されたその味は、初めて口にしたとき「ラーメンのスープというより和食の汁物のツユのようだ」という感想を抱くほどだった。もちろん同店のラーメンは単品料理だから、基本的にコース料理のなかの一品である汁物よりは力強く、そして野趣溢れる味なのだが、つまりそれだけ完成度の高い、美味しいスープなのである。

ただし味の構成要素に動物性のそれが殆ど感じられないことに加え、化学調味料を使用していないため、ラーメンのスープという先入観で味わうと人によっては「味が薄い」と感じるかもしれない。そう感じた場合は、訓練だと思って、スープの味を舌の先・側面・中央部・奥側の全てを動員して感じ取るようにして味わってみて欲しい感覚を研ぎ澄ますと、このスープのキメ細やかで奥深い全貌が見えてくるだろう。それでもイマイチというのであれば、まぁ「お口に合わなかった」ということで(笑)。

070805_14.jpg

ところで、同店は麺もレベルが高い。一般的なラーメン店のそれよりも硬めに調製されており、口の中で確かな歯応えを感じさせ、さらに飲み込む時には程よい自己主張を喉に残していってくれる。と、ここまで書いて思ったのだが、同店のスープが少なめなのは「スープは麺を食べるために味をつける手段」といった位置づけだからではないだろうか。

070805_15.jpg

なお、煮豚は『肉そば』だけの具で、『そば』だと具はネギのみとなる。タンパク質が大好きな方は『肉そば』の注文をお薦めする。

070805_16.jpg
完食!

交通の便が良いとは言いがたく、またスープの項で述べた理由により万人にオススメはできないが、なにかの折にチャレンジしてみてはいかが?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 23:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック