2007年07月29日

やはり花火大会は…

30回記念の「隅田川花火大会」、2万2千発が夜空彩る
読売新聞

070729_01.jpg
屋形船の屋上デッキより撮影

東京の夏の風物詩としておなじみの『隅田川花火大会』。今年は勤め先のイベントのため、屋形船より見物することとなった。同大会は歴史・規模共に東京、いや日本をを代表する花火大会であり、専用サイトまであるほどだ。

隅田川花火大会公式ホームページ
http://sumidagawa-hanabi.com/index.html

隅田川花火大会携帯サイトホームページ
http://sumidagawa-hanabi.com/i
070729_01.gif

そして同大会は例年テレビ中継も行われるが、やはり花火大会は肉眼で、しかもできる限り会場近くで見るものだと再認識した。

どんなに撮影技術が発達しようとも二次元平面の枠を超えることはできないテレビ中継とは違い、夜空に花火が立体的にパーッと拡がる情景の臨場感は肉眼でならではのものだ。また花火の醍醐味は視覚のみならず聴覚にも訴えるところ打ち揚げ時や破裂時の燃焼・爆発音が天空に木霊(こだま)する様(さま)は、テレビのスピーカーから聴くのと己の耳で直に、しかもより現地近くで聴くのとでは迫力が全く違う

久しぶりに船に乗ったことで少々船酔いにやられつつも、心の中で

「素晴らしい!ホラ、見て御覧なさい!ザーボンさん、ドドリアさん、こんなに綺麗な花火ですよ」
(byフリーザ:ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦より)

070729_02.jpg
ドラゴンボールZたったひとりの最終決戦

と惑星ベジータを破壊した際のフリーザ様ごっこ(笑)をしていたことなど気づかれることなく、隅田川花火大会を満喫したのだった。


こちらは玩具花火。これはこれで風情がある。
posted by 只今(橘カヲル) at 06:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台無し感でいっぱいの最後のコメントに爆笑www
Posted by 記号士 at 2007年07月29日 22:22
>記号士さん
笑っていただければ何よりです。明日のモチベーションに繋がります。
o(*^▽^*)o~♪
Posted by 只今 at 2007年07月30日 06:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック