2007年07月16日

『カレーうどん 千吉』さんで味わう、観念から踏み出した旨さ

仕事の都合で、午前中はずっと自宅待機となった。それが解除になったので「台風も通過し、ようやく晴れ間も見えたことだし…」ということで、食事に出ることにした。“取材”にいきたい店は数多いのだが、今日は出立が遅かったので近場の名店に足を運んだ。

070716_01.jpg


自分の住まいのある自由が丘駅から程近く、東急大井町線の九品仏駅よりにある踏切からほど近くに店を構える(詳しい場所は上部リンク先を参照)『カレーうどん 千吉(せんきち)』さん。「名は体を現す」の喩えどおり、カレーうどん専門店という珍しい業態をとっている。

070716_02.jpg
店内(二階席)の様子

一見、建坪は小さいようだが、二階席もあるのでキャパシティは結構ある。

070716_03.jpg
紙製の前掛け

カレーうどん専門店ということで、カレーが服につかないように紙製の前掛けが用意されている。こうした心配りもチェックポイントの一つである。

070716_04.jpg 070716_05.jpg
つけざる黒カレーうどん(小ご飯つきで780円:税込+めん大盛り150円:税込)

カレーうどんは全品、オーソドックスな種物タイプ冷たい麺を温かい浸けダレに絡めて食べるタイプチョイスできる。今回注文したのは後者である、つけざるタイプ。また黒カレーとは、当店のノーマルな甘辛いカレーうどんルゥとは違い、ローストピーナッツとブイヨンでコクをつけた(店内チラシより引用)という薫り高く、また甘みが抑えられた大人向けテイストの一品。

070716_06.jpg
ココナッツミルク

お好みだが、付属のココナッツミルクをルゥに入れると逆にルゥのスパイシーさが一層引き立つのが面白い。スイカに塩を少々振り掛けると逆に甘みが増したように感じるが、それと同じ理屈だろうか

070716_07.jpg 070716_08.jpg

肝心のうどんだが、太目の平麺になっているのはカレールゥがよく絡むようにとの配慮だろう。この形状は、また喉越しのよさも生み出している。そして食感は非常にモッチリしており、柔らかいのだが歯応えもあるという理想形。カレールゥという個性の強い浸けダレに負けていない。

070716_09.jpg

さて、ここのカレーうどんには、終わったあとも楽しみがある。写真のようにご飯の上にカレールゥをかけて…。

070716_10.jpg 070716_11.jpg

このようにカレーかけご飯(カレー雑炊?)のようにして食すのだ。これがまた絶品なのである。こんなことをすると「行儀が悪い…」という声が聞こえてきそうだが、

070716_12.jpg
店内メニュー

メニューの最後に「千吉流、お薦め ご飯の召し上がり方」として紹介されている(正確には残った汁にご飯を入れてみるよう薦めている)ので、遠慮なくお試しいただきたい。確かに少々行儀が悪いかもしれないが、そうした観念から一歩足を踏み出さないと得られない旨さもあるのだ。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今(橘カヲル) at 13:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 食:蕎麦・うどん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

カレーうどん 千吉「黒つけざる」 [渋谷道玄坂・神泉]
Excerpt: 日曜日も一日渋谷でしゃべり仕事。 道玄坂上交番前の「カレーうどん 千吉」でラン...
Weblog: マッシーのグルメ日記
Tracked: 2008-07-29 21:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。