2015年07月11日

武蔵小山『炭火焼肉 牛小屋』さんで、リーズナブルなお値段で焼肉を愉しむの事

「たまには焼肉でも……」と思った時、リーズナブルなお値段で焼肉を楽しめるお店を知っているかどうかは大きな違いがある。今日は、お手軽・お気軽に焼肉ランチを楽しめるお店をご紹介。

150711_01.jpg
炭火焼肉 牛小屋焼肉 / 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅

東急目黒線の武蔵小山駅東口から徒歩5~6分、武蔵小山の商店街のひとつ、武蔵小山一番通りの一画にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『炭火焼肉 牛小屋』さん。その小じんまりとした外観や、

150711_02.jpg
店内の様子

波板のトタン剥き出しの店内からは想像がつかないかもしれないが、田村牛(たむらぎゅう)という高級黒毛和牛の肉がリーズナブルにいただけるお店である。ピーク時には入店待ちが出ることもしばしば。



150711_03.jpg
店頭の看板

今回の注文は、1000円という値段も嬉しい「得得セット」。

150711_04.jpg

キムチ・豆腐・サラダを摘んでいると……。

150711_05.jpg

綺麗にサシの入ったお肉のご到着~。

150711_06.jpg

150711_07.jpg

さっそく炭火で両面を丁寧に焼いて……。

150711_08.jpg

食べる! けっこうシッカリ焼いたはずなのだが、肉は柔らかさを保ち、なおかつジューシー。物の本によれば、同店では肉を柔らかくするために繊維を崩したり、鮮度を保つために肉を冷凍しない、といった工夫をしているとのこと。そもそもの肉質が良い上に、味を向上させるための手間を惜しまないのであれば、美味しい焼肉になるのも宜(むべ)なるかな。

150711_09.jpg

150711_10.jpg

さて肉を焼いている最中にビビンバとスープも到着。改めて思うが、品数の多さだけでも大満足だ。

150711_11.jpg
コチュジャンを投入!

ビビンバは徹底的に混ぜてから食べるのが本来の食べ方のようだが、

150711_12.jpg

私は味に変化があった方が良いと思うので、軽く混ぜるぐらいで留めて食べる。これも美味しい。

良心的な価格なのに、すごく贅沢した気分になれる『炭火焼肉 牛小屋』さん。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 15:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:焼肉・各国料理 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック