2015年04月18日

五反田『ホットスプーン』さんで手間暇かけた牛すじ煮込みカレーを味わうの事

或る日のこと、遠出した先から帰宅する途中、小腹が空いたので寄り道をした。かねてから気になっていたお店だったのだ。

150418_01.jpg
ホットスプーンカレーライス / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

JRほか五反田駅から徒歩数分、駅前大通りの一画に面して店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『ホットスプーン』さん。正面に掲げられた巨大なスプーン型の装飾が目を引く、カレー専門店である。

150418_02.jpg
店内の様子

店内はカウンター6席、テーブル8席と決して広いとは言いがたい。しかし私が入店したのは15時半ごろと中途半端な時間だったにも関わらず、ほぼ満席状態だった。ピーク時には行列も珍しくないという。

150418_03.jpg
肉2倍の牛すじ煮込みカレー(1050円:税込み)

同店のカレーは仕込み方法の異なる牛すじとチキンのツートップ。今回は一方の雄、牛すじ煮込みカレーを肉の量2倍で注文。

150418_04.jpg

一般的なカレー店でよく見かけるソースボート(カレールーが入っている舟のような形をした容器のこと)ではなく土鍋で提供されるので、ルーは熱々の状態を保っている。活火山の火口から見えるマグマのよにブクブクと泡を吹いているルーを見ていると、それだけで食欲が湧くというものだ。

150418_05.jpg

それを白いライスの上にタップリとかけたら準備完了!

150418_06.jpg

同店の公式Webサイトによれば、
1.牛肉と鶏ガラ、たくさんの野菜を6時間煮込んでスープを取る
2.30キロのタマネギを飴色になるまで炒める
3.12種類のスパイスと2種類のカレー粉と小麦粉をバターで7時間炒めてルーを作る
4.牛すじと大量の野菜をトロトロになるまで8時間煮込む
5.全部を合わせてコトコト煮こむ

……と、手間暇が掛けられているのが分かる。もっとも、スプーンで掬った段階で崩れ出すほど柔らかく煮込まれた牛すじを見れば、そんな予備知識が無くても念入りな仕込みが行われた事が窺い知れるだろう。そして口に入れれば、多くのスパイスと食材が織りなす複雑で濃密なカレーの美味しさに、思わず唸ってしまうこと請け合いである。

なお『ホットスプーン』さんはライスの量や辛さを選べ、更にテイクアウト対応とユーザーフレンドリーなサービスが多くある。個人的には、牛すじがほぐれてルーに溶け込み、カレーの味をマイルドにしているので辛さを強めにしてもよいと思う。皆様もご利用されてみてはいかが?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 10:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:カレー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック