2014年12月13日

中目黒『キッチンパンチ』さんで隙が無い一皿を味わうの事

期日前投票のため区役所のある中目黒まで出向いた帰り道、昼食をとるため或る場所へと向かった。

141213_01.jpg
キッチン パンチ洋食 / 中目黒駅代官山駅祐天寺駅

東京メトロおよび東急東横線の中目黒駅正面口から徒歩数分、再開発が進む中目黒界隈にあって昔ながらの区割りが残る路地裏の一画に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)のが、今回の目的地『キッチンパンチ』さん。

141213_02.jpg
店内の様子

再開発に伴い小洒落たお店の新規出店が続く中目黒周辺だが、それに反して同店は1966(昭和41)年の創業より暖簾を守る古き良き「昭和の洋食屋」である。親戚の家に出向いたような家庭的な雰囲気が心地よい。

141213_03.jpg
大ハンバーグ(1350円:税込)
※ライス・漬物・味噌汁つき

エビフライやオムライスなど、いずれも魅力的な洋食屋の定番メニューが並ぶ中で、今回注文したのは大ハンバーグ。

141213_04.jpg

通常の1.5倍にグレードアップしたハンバーグの上に黄身が半熟状態の目玉焼きが乗った姿は、洋食屋さんのハンバーグの王道をゆくビジュアル。

141213_05.jpg

そして口にすれば……なんとフンワリとした柔らかい口当たりのハンバーグであろうか! 物の本によれば合挽肉を二度挽きしているとのことで、その丁寧な下拵えが美味しさの秘密であろう。またハンバーグの上に掛かったデミグラスソースも、甘すぎず苦すぎず、しかしコクは存分に感じられる非常に出来のよいもので、手間暇かけて調理されたであろう事が良く分かる。脇役となる目玉焼きやポテトサラダの味もよく、隙が無い一皿に仕上がっている。

なお先にも書いたとおり同店には魅力的な逸品が多くて、どれを選ぶか迷ってしまう人が多いようだ。そのため同店ではメインの料理にエビフライやカニクリームコロッケといった単品料理をトッピングできる「のっけ」というサービスがある。皆様もご来訪の折には活用されたし。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:洋食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック