2014年09月06日

自由が丘『syukur(シュクル)』さんで余韻の残る美味しさを味わうの事

或る週末のこと、永らく不調だった部屋の空調機がついに交換となった。工事が終わり、部屋の現状復旧まで済ませたら既に日が沈んでいたため遠出を諦め、近所で夕食をとるために外出した。

140906_01.jpg
スープカレー syukur 自由が丘店スープカレー / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

向かった先は、東急線自由が丘南口を出て左折して進むこと徒歩1分ほどの場所にあるテナントビルの3階にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『syukur』さん。

店名の読みは「シュクル」でインドネシア語で“感謝”という意味。物の本によれば北海道出身の店主が「地元の味を関東で!」との意気込みで開店。いっときのスープカレーブームが過ぎた現在でも安定した人気があるようで、自由が丘の他、武蔵小杉・新丸子にも店舗がある。

140906_02.jpg
店内の様子

カウンター席とテーブル席が用意された店内は、白熱灯で照らされた暖かみのある空間。テーブル席に腰掛けてオーダーを通す。

140906_03.jpg
ポーク角煮と野菜のスープカレー(1200円:税込)

今回の注文は、同店の二枚看板のひとつ、ポーク角煮と野菜のスープカレー。ちなみに、もう一枚は骨付きチキンと野菜のスープカレー。

140906_04.jpg

ニンジン・ピーマン・パプリカ・じゃがいも・ブロッコリーなど、多くの野菜が大きめのカットでゴロゴロ入っている様は、スープカレー王道のビジュアル。また、それらに負けぬほどの大きさで存在感を示すのは豚の角煮だ。

140906_05.jpg

早速、スープカレーにライスを浸して口に運ぶ。多くのスパイスに野菜・果物を加えて煮こまれたスープはアッサリとした中にも余韻の残る美味しさ。ライスとの相性もよいので、大盛り(プラス100円)で頼んでも良いだろう。

140906_06.jpg

また野菜は大ぶりのカットにも関わらずチャンと中まで火が通っているし、長時間煮込まれたのであろう豚の角煮は箸で簡単に切れるほど柔らかく、しかもジューシーさを保っている。食べごたえは十分だ。

立地の良さもあって訪れやすい1件だと思う。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:カレー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック