2007年04月30日

納豆定食で勝負する『ねばり屋』さんの実力

某テレビ局が「納豆を食べると痩せる」とのデータを捏造し、散々叩かれた挙句そのテレビ局の社長が辞任してしまった一件は、皆様の記憶にも新しいところだろう。しかし納豆が代表的な健康食であり、またなにより極めて優れた御飯のお供であるのは揺ぎ無い事実。先の騒動など、自分を含めた全国の納豆フリークにとって納豆へ注ぐ愛(笑)をいささかたりとも損なうものではない。

ところで全国の納豆フリークの皆様「納豆御飯を専門に出す店がある」と知ったら驚きませんか?

070430_01.jpg 070430_02.jpg
京王新線幡ヶ谷駅

場所は渋谷区の西端に近い、幡ヶ谷。駅周辺は甲州街道に面しているため企業のビルが多いが、基本的には昔ながらのマンション――集合住宅と表現したほうが実情に沿っている――が立ち並ぶ住宅街である。

070430_03.jpg 070430_04.jpg
六号通り商店街

そんな幡ヶ谷駅の北口から新宿方面に少し歩くと六号通り商店街が見えてくる。この商店街を進むこと数分。商店街終点近くの雑居ビル地下一階にある(詳しい場所は下のリンク参照)のが

070430_05.jpg 070430_06.jpg


こちら『ねばり屋』さん。非常に珍しい納豆御飯(定食)の専門店である。自分は、そんな業種の店を他に知らない。御飯・納豆・味噌汁・漬物がセットになった定食が基本形で、サイズを小・中・大のなかから選ぶ。、これに様々な具材を加えたのがバリエーションとして存在する。安いメニューなら200円台からあるというリーズナブルさもポイントだ。

定番中の定番である醤油とネギと練りカラシで銀シャリを掻きこむのも良いのだが、折角だから様々な食材と組み合わせることで更に際立つ納豆の美味しさを味わいたいもの。そこでオススメなのが

070430_07.jpg
味巡り四食定食(700円:税込)

様々な味を一度に楽しめる、こちらの味巡り定食シリーズ。二食~四食まであるのだか、今日は豪勢に四食定食を注文した。

070430_08.jpg 070430_09.jpg
左:タコキムチ 右:高菜そぼろ

070430_10.jpg 070430_11.jpg
左:とろろ 右:きんぴら昆布

以上四パターンの納豆御飯が一同に介する光景を目の当たりにするだけでも壮観だが、これらが織り成す味の競演も楽しい。納豆定食専門店ゆえ全ての具材は納豆の引き立て役に徹しており、個々の印象はそれほど強烈ではないが、食材の中では地味な印象のある納豆にこれほど味のバリエーションがあったのかと、しみじみと感心する美味しさである。

お断りしておくが、『ねばり屋』さんは、いかにもガイドブック受けするような妙に奇をてらった料理を出す店ではない。だから「物凄く印象に残る強烈な料理を出してくれるに違いない」といった感覚で尋ねると肩透かしを喰らうだろう。しかし自分は、この『ねばり屋』さんが近所にあり、毎日でも通える幡ヶ谷周辺の皆様が羨ましいと思う。そういった毎日食べても飽きない味…別の言い方をすれば家庭料理の味を提供してくれる店は、このファストフード・ジャンクフード全盛の世の中で極めて貴重ではないだろうか?


納豆の美味しさをもっと世に知らしめよう!
posted by 只今(橘カヲル) at 18:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食:和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおおう!!
うまそうだ!!なんかわたくしのハートをがっつりキャッチいたしました!
近く行ってみたいと思います!!
Posted by 記号士 at 2007年05月02日 22:40
>記号士さん
なんでも、この店で使用している納豆は市販されていない特注品だそうです。強烈な印象を残す味ではありませんが「食べ飽きない味」であると思います。
Posted by 只今 at 2007年05月02日 23:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック