2007年04月21日

貴重な(!?)美味しい自然食品の店『みねらる屋』

070421_02.jpg 070421_01.jpg
JR阿佐ヶ谷駅

JR阿佐ヶ谷駅周辺は住宅街であり、またそこに住む人々をターゲットとした商店街も多い。その割にそれほど雑然とした雰囲気がないのは、井伏鱒二、与謝野晶子、太宰治といった名だたる文豪が居を構え、阿佐ケ谷文士村と呼ばれるほど閑静かつ高級なたたずまいを誇った名残りだろうか。

070421_03.jpg


さて、阿佐ヶ谷駅北口から歩くこと数分。西友の裏手に当たる場所にあるのが、今回ご紹介する『みねらる屋』さん(詳しい場所は上部リンクを参照)。本来は自然食品や、自然食品を利用したお惣菜を販売するお店なのだが、15:00までのランチタイムに限り店内で食事もとれるのだ。

070421_04.jpg
みねらるランチセット(840円:税込)

今回は一番基本的なメニューの、みねらるランチセットを選択。

070421_05.jpg 070421_06.jpg

ライスは玄米+黒米、もしくは胚芽米。あるいはハーフ(それぞれが半分ずつ入っている)を選べるお総菜は日替わりなのだが、本日のメニューはオムレツをメインに煮物、レンコンの胡麻和え、青菜の和えもの、長芋の梅和え、カボチャサラダ。さらに大根などの具がたっぷり入った味噌汁がつく。

自然食品を使った料理というと、一般的に病院食のような味気ない代物を出されることも少なくない調理する側が健康に気を使うあまり調味料の使用を控えすぎてしまうのと、「自然食品を使った料理なのだから不味いはずがない」といったような食材を使う側に生じやすいある種の驕りから調理をおざなりにしてしまうのが原因ではないかと自分は考えている。

そんな先入観を抱いている人には、『みねらる屋』さんの料理を試してほしい。野菜中心のメニューだけに、肉類を食した時のような強烈なインパクトこそないものの、惣菜の一つ一つが丁寧に調理された、滋味あふれる味であるのを実感できるのではないか。野菜嫌いのお子さんなどに食べさせるにもちょうどいいかもしれない。また分量も結構あるので、男性でも満腹感を得られるはずだ。


健康ブームの中、関連書籍も多い
posted by 只今(橘カヲル) at 21:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食:和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野菜多種類の手間かかる料理でおなかいっぱいになるって贅沢ですよね。
あ~、レンコンおいしそう!!!
Posted by miomio at 2007年04月23日 16:14
>miomioさん
このヘルシーさが受けて、近所の奥様やOLさんに大人気のお店です。これだけふんだんに、しかも美味しく野菜を摂取できるのだから当然のような気もしますが。
Posted by 只今 at 2007年04月23日 23:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック