2013年12月21日

吉祥寺『まるけん食堂』さんで「ご飯がすすむ」の事

ある日、忘年会の余興用のプレゼントを買い求めるべく吉祥寺まで足を運んだ。目的は達成したのだが、気がついたら周囲はすでに暗くなっていた。ならば夕食も済ませてしまおうと考え……。

131221_01.jpg
まるけん食堂定食・食堂 / 吉祥寺駅

吉祥寺駅からだと徒歩10分弱、同駅北口にあるアーケード街・サンロードを抜けて更に北上した先にある住宅地の一画に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『まるけん食堂』さんまでやってきた。実に半世紀以上の間、地元で支持され続けているお店である。

131221_02.jpg
店内の様子

小じんまりとした店内は、タイル張りの床にパイプ椅子と木製の机が置かれているという、映画のセットと見紛うレベルの典型的な大衆食堂。店内には年齢層も様々な何名かの先客がいたが、みな男性の一人客だった。「ヨメさんや子供は友達と遊びにいっちゃって、オトーサンは家に取り残されちゃったのかなぁ」などと自分勝手な想像をしていると……。

131221_03.jpg
焼肉定食と揚ニンニク(570+100円:税込み)
※写真は単品で揚ニンニクを追加オーダーした状態

今回のオーダー、焼肉定食のご到着! 定食屋の花型メニューが500円台とは、なんとも有難いではないか。

131221_04.jpg

一口サイズにカットされた焼き肉が、良い焼き色をみせて皿に並べられている。香ばしい匂いが食欲をそそる。

131221_05.jpg

十分にタレの染み込んだ肉は、一口サイズでもシッカリとした濃い味わい。表面はカリッと焼かれているが、肉自体は柔らかいのも嬉しい。もちろん単品で食べても美味しいのだが、

131221_06.jpg

その真価は、ご飯のおかずとして食べた時に発揮される。「ご飯がすすむ」とは、まさにこのこと! 最近めっきり胃の許容量が落ちた私が、ご飯を大盛りにしなかったことを悔やんだほどだ。

131221_07.jpg

さて近頃スタミナの低下を感じていたので、サイドメニューとして揚ニンニクをオーダーした。丸ごと1個のニンニクを素揚げした、居酒屋などで見かける料理である。

131221_08.jpg

ほじくり出すのに少々手間がかかるが、芯まで火の通ったニンニクは、ホクホクしていて良い感じ。匂いも気にならないのでスタミナ補給には最適の一品と思われる。

吉祥寺は人気エリアなので小洒落たお店は数多いが、『まるけん食堂』さんのような普段使いできるお店もあるのだ。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック