2013年10月20日

九段下『ムンバイ 九段店』さんでインド版「おふくろの味」のカレーを味わうの事

131020_01.jpg
靖国神社

台風接近による天候不順のなか、秋季例大祭が執り行われている最中の靖国神社に詣でた。その帰り道……。

131020_02.jpg
地下鉄・九段下駅2番出口から徒歩数分、靖国通りに沿って歩いて靖国神社と日本武道館の中間地点あたりにある雑居ビルの、

131020_09.jpg
ムンバイ 九段店インド料理 / 九段下駅飯田橋駅市ケ谷駅

地下一階に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)インド料理店『ムンバイ 九段店』さんで、直会(なおらい:神社に於ける祭事の終了後に、神前に供えた神饌や御酒を神職や参列者で共に戴く宴のこと)よろしくランチをとることにした。

ムンバイさんは都内に15店舗(2013年10月現在)構えるインド料理レストランで「日本で一番インドに近い」をキャッチフレーズ(なんと商標登録されている!)としているが、これは『ムンバイ 九段店』さんの裏手に在日インド大使館があることによるもの。

物の本によれば同店には「在日中の(インド)大使が行列に並ぶこともある」というから、在日インド大使館の“職員食堂”的な存在になっているのかも!?

131020_03.jpg
店内の様子

地下一階という立地も手伝って、店内はまるでインド風の隠れ家というか秘密基地のような、ちょっと尋常ならぬ雰囲気が漂っている。しかし決して排他的ではなく、むしろ「これからインド料理を食べるのだ~!」というテンションをあげるために一役買っている。

131020_04.jpg
3種類のカレーセット(990+50=1,040円:税込み)

同店のランチは2~3種類のカレーとナン・サフランライス・ミニサラダ・パパル(インド風の薄焼き揚げ煎餅)のセットが基本。今回は空きっ腹だったこともあって3種類のカレーを選択。

131020_05.jpg

カレーは計9種類からの選択式となっており、注文時にスタッフに頼めば辛さの調整もできる。こちらは日替わりカレーで、本日の具はチキンとエリンギ。ディフォルトの辛さは中辛。

131020_06.jpg

これはマトンカレー。日本で生活していると羊肉を食べる機会があまりないので、私はマトンやラムを使った料理があると良くチョイスする。ディフォルトの辛さは辛口。

131020_07.jpg

そしてセット価格にプラス50円すると頼めるのが、おすすめカレー。その色を見ていただければ察していただけると思うが、ほうれん草をベースとしたヘルシーなカレー。具は日替わりで、本日の具はチーズ。ディフォルトの辛さは中辛。

131020_08.jpg

いずれも中辛~辛口のカレーをチョイスしたのだが、それほど辛さは全面に押し出ていない。その代わりにいずれのカレーも香辛料の配合が絶妙な、尖ったところの無い家庭的な優しい美味しさで食べても食べても飽きが来ない。日本でも「おふくろの味」を売り物とする、お惣菜メインの食事処があったりするが、同店はそのインド版といったところか。

おっと言い忘れるところだった(汗)。表面はふっくら、中はモチモチのナンも美味しい。焼きたててアツアツなのもありがたいが、ランチタイムではお替わり自由なのが嬉しい限り。ちなみにライスでも同じサービスが適用されるので大食漢でも安心だ。

アクセスも良いので、皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 21:00| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 食:カレー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 職務経歴書の見本 at 2014年02月21日 13:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック