2013年09月15日

伊勢佐木長者町「イタリーノ」さんで白煙と格闘するの事

ある日のこと。横浜の関内付近で所要を済ませた私は、そのまま伊勢佐木町方面へと足を伸ばした。日も暮れかかっていたので、夕食をとろうと考えたためだ。

130915_01.jpg
イタリーノ洋食 / 日ノ出町駅関内駅桜木町駅

伊勢佐木町の繁華街を抜けて更に進むこと数分、アジア系料理店や特殊浴場(苦笑)の類が数多く立ち並ぶ横浜屈指のディープな街・福富町の一角にお店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『イタリーノ』さんが今回の目的地。付近一帯がまだ一般的な商店街だった1972(昭和47)年に開店し、現在も営業を続けている数少ないお店である。

130915_02.jpg
店内の様子

入店したのは17時を少し回ったところ。少々いかがわしい場所での営業となっているにもかかわらず、幼い子供さんを連れた家族連れの方も先客として訪れていた。幅広い層に支持されていることがわかる。

130915_03.jpg

まず出てきたのは、メインディッシュの付け合せのサラダ……なのだが、まるでカキ氷のように山盛り! このサービス精神はありがたい。

130915_04.jpg
ハンバーグとチキンのミックスグリル(850円:税込)
※ライスは+200円(税込)

今回の注文は、同店の看板メニューであるハンバーグとチキンのミックスグリル。モウモウと白煙のごとく立ち上る湯気が圧巻!

130915_05.jpg

熱々の鉄板の上に手捏ねハンバーグとチキングリルが乗せられ、自家製の濃厚なボローニャソース(肉と野菜を煮込んで作るイタリア発のソース。ボロネーゼソースとも言う)が掛けられている。物の本によれば、牛スジと野菜を煮込んだものを毎日継ぎ足す形で一ヶ月がかりで完成させるのだとか。

130915_06.jpg

湯気をかき分けてナイフを入れ、口に運べば、肉の旨みとソースのコクが合わさり、懐かしくも美味しい味に仕上がっている。昔ながらの洋食らしく、ご飯にあう味付けになっているのもポイントだ。ハンバーグは140グラム、チキングリルは200グラムなので量も相当なものだが、苦もなく平らげられる。

なお『イタリーノ』さんは、地図上の最寄り駅は京急本線の日ノ出町駅となっているが、JR根岸線の関内駅や横浜市営地下鉄ブルーラインの伊勢佐木長者町駅からも徒歩10分以内で到着できる。ちょっと気後れする立地なのは否定しないが、皆さんも訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 09:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:洋食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック