2013年05月25日

大崎広小路『とん金』さんのポリネシアン定食でスタミナ補給するの事

週末のこと、極めて珍しく定時に近い時間で勤め先を撤収できたので、帰宅途中で夕食をとるために寄り道をした。

130525_01.jpg
とん金とんかつ / 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

東急池上線・大崎広小路駅から徒歩5分ほど。山手通りを不動前駅方面へ向かって進み、城南信用金庫の手前で路地に入ると(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、今回の目的地である『とん金』さんに到着する。

130525_02.jpg
店内の様子

基本的にはトンカツ店なのだが、この辺りには居酒屋的なお店が少ないためか、夜は呑み処としても機能する。よって夜は仕事の疲れを癒すために利用する仕事帰りのサラリーマンが多く、この日は入店時間が比較的早かったので空席があったが、以前に訪れた際は満席状態で撤退を余儀なくされたほど。

130525_03.jpg
ポリネシアン定食(1,100円:税込)

このたびの注文は同店オリジナルメニューのポリネシアン定食。最初にお断りしておくが、私は大盛り・特盛りの類を注文してはいない。ディフォルトで、このボリュームなのだ!

130525_04.jpg

それはさておきポリネシアン定食の正体は、豚肉の生姜焼きにニンニクを効かせたソースをタップリと掛けたもの。火山から流れ落ちるマグマのような迫力を持つソースからは、鼻にツンと来るぐらいに強烈なニンニクの香りが漂ってくる。

130525_05.jpg

口にすると、舌がピリピリするぐらいに強いニンニクの刺激にも驚かれされるが、それと同じぐらい肉の柔らかさに驚かされる。いわゆる定食屋の生姜焼きには火を通しすぎて肉がカチカチになってしまっているものも少なくないが、同店はちゃんと火加減を心得ているというわけだ。

130525_06.jpg

おかげで、ご飯のおかずには最適の美味しさだ! 女性や食の細い人が完食するのは厳しいと思うし、ニンニクの香りが強烈なので人と会う前に食べるのも躊躇してしまうが、スタミナ補給には便利この上ない。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 08:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:洋食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック