2013年05月12日

菊名『國庵』さんで、一般的ではないカレーうどんに出会うの事

極度の暑がりで汗っかきである私が、外出しづらくなるアツ~イ季節がやってきた。そんな私が、このたびハンドタオルで吹き出す汗を拭いながら訪れたのは……。

130512_01.jpg
國庵うどん / 菊名駅大倉山駅

東急東横線・菊名駅から徒歩5分ほど、綱島街道を北上していくと通り沿いにあるのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、今回の目的地である『國庵』さん。物の本によれば、北海道地粉100%で打つという手打ちうどんで評判のお店である。

130512_02.jpg
店内の様子

店内は白熱灯やブリキ看板、古民家風の家具などで彩られた昭和モダンな空間。オーダーを通し、しばらくぶりに聞いた柱時計が時を告げる音に郷愁を感じながら、汗を拭って気持ちを落ち着かせる。

130512_03.jpg
カレーうどん

待つことしばし、何度かメディアにも取り上げられた同店の名物カレーうどんが到着。

130512_04.jpg

仄かだがスパイシーな芳香が鼻孔をくすぐり、食欲を刺激する。なお具となる野菜は、店主の親戚が育てた無農薬野菜を中心とした旬の食材とのこと。

130512_05.jpg

手打ちうどんというから、しっかりとした無骨なうどんを想像していたのだが、艷やかで透明感すらある嫋(たお)やかな風貌に驚いた。しかし食べてみれば、なめらかで喉越しのよい美味しいうどんである。

130512_06.jpg

カレーうどんのスープというとトロ味のあるモッタリしたものが一般的だが、同店のそれはサラサラとしており、見た目だけだと「味が薄いのでは?」との疑念も抱かせるほどだ。しかし多くの野菜を煮込んだ自家製ルウと丹念に抽出したダシを合わせたという特性スープは、キッチリと味が出ておりインパクトは十分である。

カレーによる適度な刺激は、暑い季節でも箸を進めてくれるだろう。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今(橘カヲル) at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。