2013年04月22日

名古屋城の鹿、あと2頭のみ……



名古屋城のシカ、今や2頭の危機 江戸時代から放し飼い
(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0422/NGY201304220001.html?ref=comtop_fbox_u

不勉強のため初めて知ったのだが、名古屋城には江戸時代初期より鹿が飼われていたそうだ。記事によれば、城内に放し飼いにされ、御殿女中の遊び相手だったが、城内の木の葉を食べ、発情期に暴れたため、堀で飼うようになったという。



いま、その鹿が“絶滅”の危機にあると記事は伝えている。1970年代には全部で56頭いたことがあるそうだが、現在では母子とみられる雌鹿2頭に減った。このままでは早晩“絶滅”しまうため、名古屋市では他のどこかより鹿を譲り受けることを検討中なのだそうだ。

ちょっと調べてみたら、昨年までは6頭の鹿がいたようだが、昨年2~4月にかけて4頭が相次いで亡くなってしまったそうだ。

名古屋城内堀の鹿について(市民の声24年10月)
(名古屋市公式ウェブサイト)
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000039594.html

名古屋城の改修工事の関係で鹿の居住エリアが狭くなってしまい、鹿が食べる草が少なくなってしまったことが原因の一つと思われるとのこと。

また、こんな記事も見つけた。

名古屋城の子ジカ死ぬ 24日に生まれたばかり…カラスが攻撃か
(スポーツニッポン)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/06/26/kiji/K20120626003550200.html

弱った子鹿がカラスに攻撃され、衰弱死したこともあったそうだ。

そのような不幸な事件が積み重なった結果、名古屋城の鹿は合計2頭にまで減り、今や“絶滅”必至の状況にある。

しかしまぁ、私に言わせれば

「なんでそんなになるまで放っておいたんだ?」
(by.ブライト・ノア:機動戦士ガンダム より)

130422_01.jpg
1/400 ホワイトベース 最終決戦仕様

である。一時期は50頭を超える数の鹿が生息していたにも関わらず、ここまで激減させてしまったのは、餌の世話も外敵からの保護も全くといっていいほどしていなかったことの証明である。「放し飼いだから管理は適当でいいや」とでも思ったのかもしれないが、放し飼いと野放しは全く異なる。頭数補充は結構だが、空堀に野放しでは同じ事の繰り返しになるだけではないか?

安芸の宮島や奈良公園などでも鹿が放し飼いにされているが、観光客が鹿煎餅を食べさせることが餌やり対策となり、多くの観光客が寄ってくることが結果として外敵を遠ざけている。名古屋城の鹿も、いっそ観光客と触れ合えるようにしてはいかが?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:地域 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック