2013年04月14日

教え子の両腕の骨を蹴り折った元Jリーガー、永久追放へ……

今回は、一昨日のエントリー(詳細はこちら)の続編となる。

傷害容疑:逮捕の元Jリーガー、永久追放へ 岐阜県協会
(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130414k0000m040101000c.html

今月4日午後、岐阜県各務原市の陸上競技場の敷地内で、サッカーの練習試合の休憩中に教え子の男子中学生(13)を足で蹴り、両腕の骨を折る重傷を負わせた傷害の容疑で、岐阜県大垣市のサッカークラブ『FCアルマ大垣』コーチで元Jリーガーの西脇良平容疑者(33)が逮捕された。

この事件を受けて岐阜県サッカー協会は本日(14日)に理事会を開き処分を決めるが、協会幹部によると、最も重い『永久追放』になる見通しで、上部団体の日本サッカー協会に報告され、承認されれば正式に処分が決まるとのこと。

記事によれば、同協会が逮捕前に西脇容疑者と被害生徒の父親(42)から事情を聴いていたという。西脇容疑者は練習試合に参加した約20人の前で被害者の男子中学生を蹴ったと説明し「不甲斐ない試合内容だったため、生徒の尻を左右から7、8回、ボレーキックした。生徒が手で尻をかばおうとしたため両手が蹴られる形になった」と話した。生徒が痛みを訴えたため冷却するよう指示したが、「帰りにカバンを手で持っていたので大丈夫だと思った」として病院には連れて行かなかったという。

呆れて物も言えないとはこのことか。「不甲斐ない試合内容だった」というが、プロのスポーツ選手であっても試合のたびに“生涯最高のプレー”ができるわけではないだろう。まして身体も発達途上で、技術的にも未熟な中学生にそれを求めるのは酷だ。要は練習試合とはいえ負けたのが悔しく、その不満を教え子にぶつけたのだろう。

たとえ不甲斐ない戦いぶりであったとしても

「おお◯◯◯◯!死んでしまうとは不甲斐ない!そなたにもう一度機会を与えよう!」
(アリアハン王:ドラゴンクエストIII そして伝説へ… より)

130414_01.jpg
交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ・・・

例えば所持金を半減させる程度のペナルティに留め(苦笑)、次のチャンスを与えるのが責任者の度量というものだ。

ともあれ“体罰”という名の一方的な暴行・傷害行為について、きちんとした処分が下されるのは良い傾向ではないか。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




<傷害容疑>逮捕の元Jリーガー、永久追放へ 岐阜県協会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130414-00000010-mai-soci
posted by 只今(橘カヲル) at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:事件 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック