2013年04月01日

長嶋茂雄・松井秀喜の両氏が国民栄誉賞!

国民栄誉賞:長嶋元監督と松井秀喜氏に 政府検討
(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130401k0000e040205000c.html

国民栄誉賞:ファンら称賛の声…長嶋・松井両氏に授与方針
(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130402k0000m040085000c.html

政府から、長嶋茂雄氏(77)と松井秀喜氏(38)の2人に国民栄誉賞を授与する方針が発表された。菅義偉官房長官が1日の記者会見で明らかにした。菅氏は「事務当局に検討を指示した。関係者の意見を聞いて最終判断する」と語った。

長島氏は、1957(昭和32)年に立教大学から読売ジャイアンツ(巨人)に入団。初の天覧試合でサヨナラ本塁打を放つなど勝負強いバッティングで国民的な人気者となり「ミスター・ジャイアンツ」、「ミスター・プロ野球」と呼ばれた。引退後も監督として同球団を5回のリーグ優勝、2回の日本一に導いた。

松井氏は、1993(平成5)年に石川県の星陵高校から巨人に入団。パワフルなバッティングで本塁打王を始め多くのタイトルを獲得し、「ゴジラ」の愛称で親しまれた。2003(平成15)年にはフリーエージェント(FA)移籍でニューヨーク・ヤンキースに入団し、2009年のワールドシリーズでは日本人初のMVPを獲得するなど大リーグでも活躍した。

お二方とも実績的には申し分ない。国民栄誉賞どころか

「お言葉に甘えよう。しかし、ジオン十字勲章ものであることは保証するよ」
(by.シャア・アズナブル:機動戦士ガンダム より)

130401_01.jpg
RG 1/144 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII (機動戦士ガンダム)

ジオン十字勲章ものであることはシャア・アズナブルでなくても保証できる(苦笑)。

しかし随分と中途半端なタイミングで、しかも何故に2人揃って? という疑問は湧く。だがおそらくは、記事中で紹介されている漫画家のやくみつるさんの説が正鵠を射ていると思う。

長島氏は第一線を退いて久しく、生前に賞を授与する大義名分(もっと言えば口実)を作るのが難しかった。そこで現役を終えて一区切りついた松井氏と「師弟関係だから」という大義名分のもと、ダブル受賞という形で長島氏に国民栄誉賞を授与するタイミングを作ったのだ。

既に現役を引退したスポーツ選手や、功績を具体的な数値で表しにくい芸能人などは国民栄誉賞授与のキッカケを作りづらく、先般の元横綱・大鵬こと納谷幸喜氏のように他界したタイミングでの授与になることも少なくない。すると必ずといっていいほど「なぜ生前に授与しなかったのか」との批判が出るから、今回は政府の“ファインプレー”のようだ。

もっとも国民栄誉賞は受賞基準が曖昧で「人気取りのための政府のパフォーマンス」という批判がついて回る。その辺りの説明もきちんとして欲しいところ。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




<国民栄誉賞>長嶋、松井両氏に…ミスタープロ野球、ゴジラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130401-00000104-mai-soci
posted by 只今(橘カヲル) at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑感:スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

<国民栄誉賞>長嶋茂雄氏と松井秀喜氏がダブル受賞?
Excerpt: いや〜、発表が唐突すぎて、エイプリルフールかと思いました(汗)
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2013-04-02 07:01

長嶋・松井の両氏に国民栄誉賞
Excerpt: 安倍政権は1日、長嶋茂雄・元巨人監督(77)と元大リーグ選手の松井秀喜氏(38)に国民栄誉賞を授与する方針を決めた。菅義偉官房長官が記者会見で「事務局に検討を進めるよ ...
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2013-04-02 19:39