2012年12月23日

天皇陛下の誕生日報道で気になったこと

本日(23日)、天皇陛下は79歳の誕生日を迎えられた。







皇居では一般参賀が行われ、陛下は皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻とともに宮殿のベランダに立ち、2万人余りの人たちに手を振って応えられた。

本年2月に心臓の手術を受けられた陛下は、現在の体調について「今年の2月には心臓の手術を受けたことから、多くの人々に心配をかけました。現在は、普通と変わりなく生活していますので、どうか安心して下さい」と述べられた。

僭越ながら、陛下と皇室国家の弥栄を心よりをご祈念申し上げます。

さて陛下が79歳の誕生日を迎えられた件でついては、当然ではあるが他の各メディアからも挙(こぞ)って報道されている。しかし、中には首を傾げたくなるようなものもある。

心臓手術「心配掛けた」=天皇陛下、79歳に
(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012122300016

陛下「どうか安心して」=天皇誕生日の一般参賀-皇居
(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012122300040

例えば、上に挙げた時事通信社の記事。陛下の言動について

「――を示した」
「――と振り返った」
「――と述べた」

という書き方をしているが、

「――を示された」
「――と振り返られた」
「――と述べられた」

では無いだろうか? 敬語の用法は日本語のなかでも難しい部類に入るのは承知しているが、通信社の記者を生業にしている以上、そういう言い訳は通用しないはず。

それとも、この記事を執筆された記者の方は

「踏み込み過ぎだったりしちゃいますです・・・いかん、さらに調子が」
(by.ラミア・ラヴレス)

121223_01.jpg
スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION ラミア・ラヴレス (1/8 PVC塗装済み完成品)

平行世界への転移の際に言語中枢を破損されたとか(笑)。

それはさておき、この記事が公開されるまでには上長のチェックなども通しているはず。だからこうした記事を公開してしまうと、記者個人の能力だけでなく、ひいては会社の姿勢まで疑われると思うのだが・・・。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




心臓手術「心配掛けた」=天皇陛下、79歳に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121223-00000013-jij-soci


posted by 只今(橘カヲル) at 19:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。