2012年11月27日

最新技術の検査でアテネ五輪におけるドーピングを発見

アテネ五輪メダリストに薬物違反=最新の再検査で5人発覚-IOC
(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012112700879

記事によれば、IOC(国際オリンピック委員会)が、2004年アテネオリンピックにて採取した約3700検体のうち、110検体を最新の方法で再検査したところ、同五輪でメダルを獲得した以下の5選手について、新たにドーピング(禁止薬物使用)が見つかったという。

【陸上男子】
砲丸投げ1位:ユーリー・ビロノク(ウクライナ)
ハンマー投げ2位:イワン・チホン(ベラルーシ)
【陸上女子】
円盤投げ3位:イリーナ・ヤチェンコ(ベラルーシ)
砲丸投げ3位:スベトラーナ・クリベリョワ(ロシア)
【重量挙げ男子】
77キロ級3位:オレク・ペレペチェノフ(ロシア)

IOCは五輪から8年以内ならばドーピングで選手を失格にできるそうで、12月の理事会で討議する見込みとなったとのこと。

私は最初、過日終了したロンドン五輪での薬物違反かと思ったら、なんと2大会前のアテネ五輪における違反というから驚いた。そんな昔の大会時に採取した検体を未だに保管している事にも、それを再検査する事にも驚いた。またIOCが8年前まで遡って選手を失格にできる権限を有している事にも驚いた。それだけ、IOCはドーピングの発見と撲滅に心血を注いでいるのだろう。

そのうち

「…何故あっさり自白をしたのかわかるか? 俺には確実におまえら全員から逃げる自身があるからだ!! 数え切れない食材・薬物を精密なバランスで配合し 特殊な味付けを施して煮込むこと七日七番!! 血液や尿からは決して検出されず なおかつ全ての薬物の効果も数倍… 血管から注入(たべ)ることでさらに数倍!! これが…長年にわたる研究の結果たどりついた… 俺の究極の料理!! ドーピングコンソメスープだ… …さあ諸君、俺が逃げるのを止められるかな…?」
(by.至郎田正影:魔人探偵脳噛ネウロ より)

121127_01.jpg
魔人探偵 脳噛ネウロ 1 [DVD]

DCS(ドーピングコンソメスープ)をも判別できるようになるのだろうか(苦笑)。

それはさておき、五輪におけるドーピングコントロール(doping control:五輪などで選手のドーピングの有無を調べること)は、第19回メキシコ大会から実施されている。しかし残念ながら現在までドーピングが無くなるには至っていない。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




アテネ五輪メダリストに薬物違反=最新の再検査で5人発覚―IOC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000164-jij-spo
posted by 只今(橘カヲル) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック