2012年11月16日

今日限りを持って、衆議院を!!! 解散する!!!!!



衆院:解散 12月4日公示・16日投開票で選挙戦に
(毎日新聞)
http://senkyo.mainichi.jp/news/20121116k0000e010208000c.html

本日(16日)の午後、野田佳彦首相は、憲法7条の規定に基づき

「今日限りを持って ウソップ海賊団を!!! 解散する!!!!!」
(by.ウソップ:ONE PIECE より)

121116_01.jpg
Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again ウソップ

・・・じゃなくて(苦笑)、衆議院を解散した。 これを受けて政府は臨時閣議で12月4日公示・16日投開票の衆院選日程を決定。1ヶ月の短期決戦で、日本の国政を担う議員が再び選ばれる事になる。

野党・自民党が約3年ぶりに政権を奪回するのか、それとも与党・民主党が政権を維持するのかが最大の注目点なのは勿論だが、両党とは一定の距離を置く、いわゆる第三極の政党がどれだけ支持を集めるかにも注目点となる。今回の選挙結果如何では、政界再編に繋がっていく可能性もあるからだ。

それにしても、今回の選挙は争点が多い。パッと書き並べただけでもこれだけある。もっとあるかもしれない。それだけ、いまの日本国が抱える問題が多く、また複雑化しているのだろう。

1.社会保障と税の一体改革(消費税増税の是非)、
2.環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加の是非といった経済・景気政策
3.脱原発などのエネルギー政策
4.一票の格差是正など政治制度改革
5.年金・医療など社会保障政策
6.道州制のような地方分権
7.竹島や尖閣諸島で注目が高まる外交・防衛政策
8.集団的自衛権の行使に代表される憲法解釈・改憲問題


次の政権こそは、これだの問題を解決して日本国を立て直して欲しいと願う。そして、選択する我々選挙民も、雰囲気やムードやイメージや、その場のノリで選ぶのではなく、国政を担える政治家をちゃんと選択しなければならないと思う。

よく言われることだが「政治家の質は国民の質」なのだから・・・。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック