2012年06月11日

大阪・心斎橋通り魔事件に思うこと

無言で何度も刺す…通り魔、「助けて」耳貸さず
(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120611-OYT1T00461.htm

大阪・ミナミの心斎橋筋商店街の路地で通行人の男女2人が無差別に殺害された通り魔事件。現行犯逮捕された住所不定・無職の礒飛京三容疑者(36)は、無言で何回も男性を刺し、現場から逃げようとした女性も襲った。その後、瀕死の男性の所まで戻って、更に何回も刺したというから尋常ではない。

亡くならたお2人には、この場を借りてご冥福をお祈りしたい。

またも「誰でもよかった」…身勝手な犯行を防ぐ手立てなく
(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120611/waf12061114010018-n1.htm

刑務所から出所直後だったという磯飛容疑者の供述によれば、「仕事もなく、住むところもない。もう死ぬしかない」と生活苦を動機に挙げ、「人を殺せば死刑になると思ってやった」、「誰でもよかった」と供述しているという。

この磯飛容疑者の

「むしゃくしゃしてたとこだ。一発なぐらせろ」
(by.ジャイアン=剛田武:ドラえもん より)

120611_01.jpg
ドラえもん ジャイアン猛言トランプ

レベルの理不尽な動機を耳にして

大阪知事、通り魔に「死にたいなら自分で死ね」
(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120611-OYT1T00224.htm

松井一郎大阪府知事は報道陣に「『死にたい』と言うんだったら自分で死ねよと(言いたい)。人を巻き込まずに自己完結してほしい」とコメントしたという。

行政の責任者が公の場で述べる言葉としては些か過激すぎる部分もあると思うが、コメントした対象は行政の不手際や努力不足で生活苦に陥って生きる望みを失った自殺志願者ではなく、何の罪科のない無関係の人間に凶刃を振るった極悪犯罪者である。犠牲者と遺族の無念に思いを馳せれば、松井知事のコメントを支持する声が多いのも理解できる。

そもそも、このような犯罪を犯す輩は、本当に人生に絶望し、死刑になりたくて犯罪に手を染めているのではなく、自分の思い通りに事が運ばない腹いせをしたいだけにすぎず、八つ当たりの対象を無関係な他人に求めているにすぎないと言われても仕方がない。世の中には、逆境にあっても、くじけることも他人を巻き込むことなく、前へ進む努力をしている人達がいるのだ・・・。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




「死にたいなら自分で死ね」―松井大阪知事・大阪無差別殺害
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120611-00000053-jij-soci
posted by 只今(橘カヲル) at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:事件 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック