2012年06月10日

大塚『ぼんご』さんで、食べ応え満点のオニギリを頬張るの事

昨日は所用で外出していたので、昼食を取るタイミングを逃した。ようやく時間ができたのは15時ごろだったのだが、この時間だと中休みに入っている料理店も多く、また然程お腹も空いていなかったので、軽く済ませることにした。

コンビニでパンかオニギリを適当に購入しようかとも思ったのだが、「まてよ、オニギリなら、この近くにいい店があるぞ・・・」と思い当たり、そこへ向かうことに。

120610_01.jpg
ぼんごおにぎり / 大塚駅大塚駅前駅巣鴨新田駅

JR大塚駅から徒歩数分、宮仲公園通り沿いに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『ぼんご』さん。一風変わった店名は、物の本によれば、キューバの民族楽器ボンゴ(口径の異なる2つの太鼓を繋げた打楽器。太ももの間に挟んで手で打って鳴らす)に由来しているとのこと。

オニギリ専門店という、ありそうだがあまり見かけない業態のお店だがメディアで取り上げられる機会も多く、繁盛している。なにしろ私が入店したのは15時過ぎだったにも関わらす、店内には食事中の方だけでなくテイクアウト目的で出来上がりを待っている方々もいて、決して広くない店内の人口密度は高く、そのため店内の様子を写真に納めるのを諦めたほどだ。

120610_02.jpg
しゃけ、おかか(共に230円:税込)と豆腐の味噌汁(170円:税込)

オニギリの具は、梅やタラコのような定番モノからツナや明太マヨネーズといったハイカラなものまであり、全部で50近くの種類がある。

120610_03.jpg

一部の特殊な具を除けば、値段が230円均一(2012年6月現在)なのも嬉しい限り。今回は定番モノの鮭(しゃけ)、おかかをチョイス。

120610_04.jpg
おかか

120610_05.jpg
しゃけ

作り方は「ご飯に具を詰めて握る」のではなく「ご飯で具を挟んだ後に形を整える」ようなイメージ。このため具がタップリ入っているだけでなく、力任せにご飯を握らないので飯粒同士に適度な隙間ができる。よって成人男性である私の手のひらに余るほど大きなサイズのオニギリなのに、口にすると優しくほぐれていくのだ。

なにしろオニギリというシンプルなものだけに、米は新潟県岩船産のコシヒカリ、海苔は有明産の高級品、塩は沖縄産の自然塩(店内で販売もされている)というように、素材は厳選されたものばかり。コンビのオニギリとは一味違う美味しさの秘密は、ここにある。

深夜零時と、夜遅くまで営業しているので、飲んだ後の締めに訪れる方も多いそうだ。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 16:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック