2012年05月24日

国によっては失礼な意味に? ハンドサインには要注意!

今日は、ちょっと縮小バージョンで・・・

身振り手振り、仕草、ジェスチャー、ハンドサイン(ハンドシグナル)の類は、特に注意していなくても、つい無意識に出てしまうもの。しかし世界は広い。日本ではなんでもないサインでも、海外ではトラブルの元になってしまうケースもあるのだ。

「ピース」サインはギリシャでは侮辱の仕草―トリップアドバイザー「外国でやってはいけないハンドサイン」
(インターネットコム)
http://japan.internet.com/busnews/20120524/6.html

世界最大の旅行口コミサイト『トリップアドバイザー』のサイトで「外国でやってはいけないハンドサイン」12種類が紹介されている。

120524_00.jpg
トリップアドバイザーより

あなたはいくつご存知だろうか。私はまったく知らなかった。念の為に以下にかき並べておく。

1.ギリシャ:かつて犯罪者に2本指で物を投げたことに由来する侮辱の仕草
2.中東、西アフリカ、南米など:性的な表現を由来とする相手を揶揄・侮辱する仕草
3.フランス:数字のゼロで役に立たないことを匂わす揶揄・侮辱の仕草
4.アメリカ、イギリスなど:闘技場での「敗者を殺せ」という表現に由来する侮辱の仕草
5.中国:最も小さい指を立てることで出来の悪い人を表す侮辱の仕草
6.アメリカ、イギリスなど:性的な表現を由来とする相手を侮辱・揶揄する仕草
7.トルコ:指で性器を象った卑猥な表現で相手を侮辱する仕草
8.地中海:弱い小ヤギの角を表現することで相手を揶揄・侮辱する仕草
9.ギリシャ:顔に泥を塗る表現に由来する相手を揶揄・侮辱する仕草
10.イギリス、オーストラリアなど:性的な表現を由来とする揶揄・侮辱する仕草
11.イギリス:性的な表現を由来とする揶揄・侮辱する仕草
12.指で性器を象った卑猥な表現で相手を侮辱する仕草

――こうして見ると、何気なく使ってしまいそうなハンドサインも多い。だから

「なあ~んだ ハンドシグナルなら おれもひとつ知ってるのによ・・・」
(by.ジャン=ピエール・ポルナレフ:ジョジョの奇妙な冒険 第三部 より)

120524_01.jpg
スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 18. J・P・ポルナレフ <原型・彩色監修/荒木飛呂彦>

とか言って、特に外国人の前で無闇に披露しないほうがいい。

また記事中でも指摘されているが、最近は日本人でも4や6のハンドサインを気軽に使う輩がいるが、外国では相当に重い意味になるので、安易に使わない方がいい。繰り返しになるが、身振り手振り、仕草、ジェスチャー、ハンドサイン(ハンドシグナル)の類は「無意識に出てしまうもの」だ。余計なトラブルを避けるためにも、普段から意識して使わないようにしておくくらいがちょうどいいのではないか。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




「ピース」サインはギリシャでは侮辱の仕草―トリップアドバイザー「外国でやってはいけないハンドサイン」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000020-inet-inet
posted by 只今(橘カヲル) at 23:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1 ギリシャではピースサインはだめなんですね。
3 これなんて日本ではけっこう普通に使うんですが。
Posted by 坂井綾花 at 2012年05月26日 12:40
>坂井綾花 さん

ご指摘のとおり、日本では結構当たり前に使うので、そこが怖いところですね。知らず知らずのうちに相手を侮辱していた、ということが無いようにしたいものです。
Posted by 只今@管理人 at 2012年05月28日 22:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック