2012年04月16日

注意!女子小学生による寸借詐欺の疑いあり!

“女子小学生による詐欺行為” 長崎大学が注意喚起
(はてなブックマークニュース)
http://b.hatena.ne.jp/articles/201204/8446

4月13日、長崎大学の公式サイトに注意文が公開された。長崎市にある長崎大学・坂本キャンパスの付近で、小学生の女の子から「おじいちゃんが危篤で急いで行かないといけないので、タクシー代を貸して欲しい」といったような内容で話しかけられ、

「あの大恩ある老師が・・・」
(by.龍星座の紫龍:聖闘士星矢 より)

120416_00.jpg
魂ネイション2011限定 聖衣神話 ドラゴン紫龍(最終青銅聖衣)Original Color Edition

と、まるで幼馴染の少女に師の危篤の報を聞いた聖闘士(セイント)の如く動揺した(?)複数の学生が、おカネを渡してしまったという。

120416_01.jpg
長崎大学公式サイトより
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/life/topics/life198.html

長崎大学によれば既に警察には相談済みとのことで、学生に対し「十分ご注意願います」と呼び掛けて末尾としている。

まだ断定できたわけではないが、典型的な寸借詐欺(すんしゃくさぎ)の可能性は否定できない。寸借詐欺とは、小額の現金を借りると偽り、そのまま返さずに騙し取る詐欺のこと。駅前や繁華街のような雑踏で被害にあうと、加害者の特定が極めて困難となる。

また友人知人などから小額の現金を借りておきながら、いつまでたっても返済しないというパターンの寸借詐欺もある。いずれも被害額が小額なこともあって被害者が泣き寝入りしてしまう事も多く、表面化しづらいのが特徴だ。人の善意を悪用する許しがたい犯罪と言えるだろう。

対策としては「あいにく自分もおカネの持ち合わせがない」と断るのが一番なのだろうが、今回の長崎大学でのケースのように、幼い女の子から身内の危篤を理由に「おカネを貸して欲しい」と頼まれたら心情的に断りにくいのも事実だ。その場合は

1.近くの交番に行き
2.警察官立ち会いのもと
3.相手の身分を証明できるもので相手の身元を確認してから貸す

ことを提案して、相手の出方を伺うのはどうだろうか。相手が難色を示せば「それまで」ということで。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:地域 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック