2012年04月13日

北朝鮮が13日の金曜日にミサイル発射実験を強行するも失敗、の報に思うこと

お騒がせ国家・北朝鮮から、人工衛星を打ち上げるためのロケットと称した長距離弾道ミサイルの発射実験が発表されてから、主要各国は何とか思いとどまらせようと懸命の説得を続けた。しかし金正恩(キム・ジョンウン)氏が最高指導者になってから初の国家的事業ということで、北朝鮮としても後には退けぬ状況下、ついに本日(13日)の午前7時39分頃、同国北西部・東倉里(トンチャンリ)の西海(ソへ)衛星発射場から長距離弾道ミサイルが発射された。しかし・・・。

北朝鮮:ミサイル失敗 発射直後に爆発
(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120413k0000e030207000c.html

13日の金曜日という日が悪かったのか、それ以前に技術的な面がまったく足りていなかったのか、ミサイルは敢え無く空中分解し、破片は韓国西方の黄海に落下した。空中分解に至るまでの所要時間は僅か1分少々という短さ。

「大尉、そしてヨーツンヘイム、聞こえるか? 私は今・・・どのように嘲られようとも、もはや少しも恥辱とは思わない。モビルスーツ・ヅダはもはやゴーストファイターではない。この重大な戦局で確かに戦っている・・・。この独立戦争に厳然と存在しているのだよ。この歴史の真実は・・・・・・何人たりとも消せない・・・・・・」
(by.ジャン・リュック・デュバル:機動戦士ガンダム MS IGLOO より)

120413_01.jpg
HGUC 1/144 EMS-10 ヅダ (機動戦士ガンダム MS IGLOO)

劇中にて最終的には同じく空中分解してしまったジオン公国軍のモビルスーツ・ヅダは、それまでの間に地球連邦軍のモビルスーツ・ジムを撃破し、友軍のHLV(物資や人員を輸送するための非武装ロケット)の危機を救うという見せ場があった。しかし北朝鮮のミサイルにはヅダのような華々しい見せ場が無かっただけでなく、自国の技術不足を諸外国へ大々的に知らしめてしまうという醜態を晒してしまった。関係者は一体どのような仕打ちを受けたのか、想像するに恐ろしい。

挽回で核実験警戒=ミサイル、重要部品欠乏か-外貨獲得影響も・米国防総省
(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012041300762

ところで、北朝鮮は今回の失敗に懲りるどころか、今回の失敗を挽回すべく、3回目の核実験を強行するとの見方もあり、各国は警戒を強めている。

ミサイル試射に700億円=1900万人の1年分食費-北朝鮮
(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012041300793

記事によれば、北朝鮮が今回の試射に向けて最大で8億5000万ドル(約700億円)を使ったと推計しているという。自国の経済苦境と食料難が続く中で、北朝鮮指導部がミサイル開発に巨額の資金をつぎ込んでいるのは奇異に感じられるが、軍事技術の向上は軍事力の強化に直結するだけでなく、それを売ることで外貨獲得の手段にもなる。彼ら的には一石二鳥の方法なのだろう。

もちろん明らかにピントずれの考え方であり、国民の幸せを思えば直ちに修正すべきなのだが・・・。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




<北朝鮮>ミサイル失敗 発射直後に爆発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000035-mai-int
posted by 只今(橘カヲル) at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック