2012年02月19日

高円寺『天下一品 高円寺店』さんで超濃厚スープを最後の最後まで味わうのこと

『天下一品』とは、全国で225店舗(2012年2月18日現在)を展開するラーメン店のこと。

天下一品
Wikipedia

ポタージュと見まごうばかりの粘度を誇る個性の塊のようなスープで有名であり、これほど好き嫌いがハッキリ分かれるラーメンも珍しい。また店舗による味のバラつきが激しいこともあって、『天下一品』ファンの間でも、どの店の味が好きかで意見が割れる。

今日は、私の好きな『天下一品』のお店をご紹介したい。

120219_01.jpg
天下一品 高円寺店ラーメン / 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅

JR中央線・高円寺駅の南口を出て徒歩数分、高円寺南四丁目の交差点付近に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『天下一品 高円寺店』さん。

『天下一品』は(株)天下一品が運営する直営店と(株)天一食品商事が管理するフランチャイズ店に大別され、これが味のバラつきを生む一因となっている。そして『天下一品 高円寺店』は数少ない直営店なのだ。

【参考】「天下一品直営店の謎」天下一品みゅうじあむ(天下一品公認ファンサイト)
http://tokyo-mania.net/ten1/ten1/store.htm

120219_02.jpg
店内の様子

開店直後に入店したため、店内の客は私ひとり。しかし11:00~という飲食店にしては早めの開店時間にもかかわらず、その後は順調に来店者が訪れた。客層も学生風の個人客からファミリーまで様々。幅広い年齢層に支持されているのが分かる。

120219_03.jpg
スープライスセット(870円:税込)

今回の注文は、ラーメン(並)と明太子ご飯のセット。

120219_04.jpg
メニュー(一部)

メニューにも大きく「オススメ!!」と書かれている。

120219_05.jpg

ラーメンのスープは、こってりとあっさりを選べるが、もちろん同店の代名詞ともいえる、こってりをチョイス。

120219_06.jpg

正直、スープを単体で啜っても味は濃すぎるし塩分も強すぎる部分があるのだが・・・。

120219_07.jpg

これが麺に絡むと味も塩加減も実に良い塩梅となるのだ! 高い粘度のスープゆえに驚くほど麺によく絡み、「麺と共にスープを啜り込む」というラーメンの理想的な食べ方が体現できる。なお、麺は標準タイプと細麺が選べるが、こってりスープの場合、細麺だと麺がスープを十分に受け止めきれない可能性があるので標準タイプが無難な選択だと思う。

120219_08.jpg

さて、ある程度ラーメンを食べ進めたら、メニューでも勧めていたように明太子ご飯へ

120219_09.jpg

スープをジャバジャバと掛け、

120219_10.jpg

雑炊――というより「ねこまんま」――状態にして食べよう

120219_11.jpg

ラーメンのスープがご飯に合うのは周知の事実だが、同店のこってりスープはそれが特に顕著で美味しい。明太子のピリッとくる仄かな辛味が良いアクセントになっている。

120219_12.jpg
完食!

前述のとおり『天下一品』のラーメンは好き嫌いの差が激しいので、誰にでもお勧めはできない。ただ、いままで、どこの『天下一品』でもイマイチ満足できなかった皆様には、お試しいただきたく思う。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今(橘カヲル) at 14:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。