2012年01月21日

五反田『グリルエフ』さんでハヤシライスへの評価を改めるの事

ここのところ勤め先の都合で帰宅が深夜に及ぶ日が続き、平日にブログ更新できない日が続いて気分が鬱屈していた。そこで美味しい物を食べて気分転換を図るべく、生憎の天候ではあったが外出することに。

120121_01.jpg
グリルエフ洋食 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

目的地は、JR五反田駅東口からバスロータリーを挟んで向かい側にある区画の路地に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『グリルエフ』さん。昭和25年創業の老舗洋食屋さんである。

到着したのは13時ごろだったが、創業当時の作りをそのまま残すクラッシックな店内には、順番待ちの方までいるほどの盛況だった。大衆食堂やラーメン屋ならいざ知らず、歴史ある洋食屋の例に漏れず相応の値段設定がされている同店が、これほど活況を呈している事実に少なからず驚きつつ、幸いにも客の入れ替わりのタイミングだったので然程待つことなく席に座れたことに安堵した。

120121_02.jpg
ハヤシライス(1,200円:税込)

今回の注文は、同店の名物料理であるハヤシライス・・・なのだが、実は同店のメニューに「ハヤシライス」の文字はない。これは同店のハヤシライスが、常連客のみが知る所謂「裏メニュー」だったことに起因する。しかし美味しさが評判となり、メディアにも取り上げられたことから、今では同店を代表する料理となり、店頭に置かれているリーフレットに記載されるまでになった。

ソースボート――「舟形ソース入れ」とも言う。レストランなどでカレールーなどを入れる独特の形状をした金属製の容器のこと。こんな名前がついていたことをこのたび初めて知った――から文字通り溢れ出るほど大量に入った牛肉とタマネギが圧巻。

120121_03.jpg

ライスに掛けると、こんなビジュアルになる。ハヤシライスというよりも「牛肉とタマネギの炒め物掛けご飯」といった趣だ。ハヤシライスの調理には薄切りにした牛肉とタマネギを炒める工程があるので必ずしも間違っているとは言い切れない部分はあるが、それにしても独特な光景ではある。

120121_04.jpg

逸る気持ちを抑えつつ、口に運ぶ。肉汁をたっぷり含んだ牛肉の旨みと、確りと火が通っているがシャキシャキとした歯ごたえも楽しめるタマネギの甘味がライスの味を存分に引き立てる。最後にドミグラスソースの深いコクと仄かな苦味が味に締めというか、まとまりを与えており、とても美味しい。

巷にあふれるハヤシライスは、トマトピューレ(もしくはトマトケチャップ)の味が勝ちすぎていてご飯との相性が悪かったり、ドミグラスソースの自己主張が強すぎて「ビーフシチュー掛けご飯」状態になっていたりするケースが多いと私は感じていた。特にレトルトなど手近なものにおいてそれが顕著なため、私にとってのハヤシライスは「出されれば食べるけど自分から積極的には口にしない食べ物」だった。

しかし『グリルエフ』さんのハヤシライスは、そんな私のハヤシライスに対する評価を改めさせるのに十分な味だった。特に私と同様、ハヤシライスへの評価があまり高くない人に、ぜひ試して欲しいと思う。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:洋食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック