2011年12月31日

武蔵関『にはち』さんにて旨みが濃厚な十割蕎麦を堪能するの事

朝方に勤め先の都合でちょっと仕事をこなしたあと、大晦日ということで蕎麦を手繰りに出かけることにした。



とはいえ、上の動画にもあるように都心の有名店は行列ができるほどの盛況となるのも珍しくないので・・・。

111231_01.jpg
にはちそば(蕎麦) / 武蔵関駅

西武新宿駅から20分ほど西武新宿線に揺られ、東京23区最西端の駅となる武蔵関駅で下車。駅の北口から商店街を抜けから左折すると程なく到着する(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『にはち』さんまでやってきた。良質の手打ち蕎麦を出すお店としてメディアの取材を受けたこともあるお店だ。周囲の景色と調和した落ち着いた外見に「大人の隠れ家」的なムードが漂う。

なお物の本によれば『にはち』という店名は、蕎麦を打つ際の蕎麦粉と小麦粉の割合として定番の「小麦粉2:蕎麦粉8」から来ているそうだが、数年前に蕎麦粉100%の十割蕎麦(生粉打ち蕎麦)に切り替えたとのこと。

111231_02.jpg
店内の様子

間口の割に奥行きのある店内には、4人がけと2人がけのテーブル席がいくつか置かれている。木目が多用されているからか、店内の雰囲気が温もりのあるものとなっている。

111231_06.jpg
大晦日限定メニュー

開店直後に入店したので店内には私のほかには夫婦と見られる男女の2人連れのみ。そして私が席についた直後に、もうひと組のご夫婦が来店。どちらも蕎麦と共に日本酒やビールおよび酒肴を注文されていた。私はアルコールを受け付けない身体なので、そういった愉しみを味わえないのが寂しい。

111231_03.jpg
おろしそば(1,100円:税込)

同店では基本的に蕎麦の薬味はネギと大根おろしのみとのことなので「それなら最初から大根おろしが乗った蕎麦を」と思い、おろしそばを注文。なおワサビを薬味として使用したい場合は、おろしたてのワサビを無料で別途注文することが可能。

111231_04.jpg

冷たい蕎麦の上から蕎麦つゆが掛けられ、その上に大根おろし、花かつお、海苔、とろろ昆布、大葉、胡麻が良い塩梅に乗せられている。

111231_05.jpg

言ってみれば「薬味がいっぱい盛られた蕎麦」なので、下手な蕎麦だと薬味の味に負けてしまうのだが、負けるどころか数々の薬味を味方につけて蕎麦の味が一層際立っている。蕎麦にはそぐわない表現かもしれないが、これは旨みが濃厚な蕎麦でなければ叶わないこと。都心で行列ができている幾多の有名店と比べても劣る所の無い美味しい蕎麦だと思う。もちろん蕎麦つゆも出色の出来だ。

皆さんも、超有名店になって大晦日に行列ができるようになる前に、『にはち』さんを訪れてみてはいかが?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今(橘カヲル) at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック