2011年06月11日

六本木『御膳房』さんの雲南豆腐かけご飯で、豆腐の美味しさに感動するの事

小雨模様のなか、かねてから注目していた或るお店に向かうべく六本木まで足を運んだ。

110611_01.jpg
御膳房 中華料理 / 六本木駅麻布十番駅六本木一丁目駅

東京メトロ日比谷線六本木駅の3番出口から徒歩数分、六本木交差点から芋洗坂を下っていくと到着するのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『御膳房』さん。中国の西南部に位置する雲南省の料理が食べられる数少ないお店である。というより私は寡聞にして同店以外に雲南料理が食べられるお店を知らない。

110611_02.jpg
店頭のメニュー

コースメニューでの高級料理も手がける同店であるが、ランチタイムなら比較的リーズナブルな価格で利用できるのはありがたい。

110611_03.jpg
店内の様子

開店時間とほぼ同時に飛び込んだため、店内は私の外にはスタッフの方のみ。高級感溢れる内装に圧倒され少々いたたまれない気持ちだったのだが、程なくして天候に恵まれないにも関わらず何組かの客が同店を訪れてくれたため、その気持も収まった。

110611_04.jpg
雲南豆腐かけご飯(1,050円:税込)

そうこうしているうちに、今回のお目当てである雲南豆腐かけご飯が到着。ランチタイムなので玉子スープと小鉢が2皿(本日はゴマダレをかけた大根サラダとコーン)、そしてデザートとして杏仁豆腐がついている。

110611_05.jpg

全体が鮮やかな橙色に彩られた「雲南豆腐」のアップ。雲南料理の代表格である。豆腐が細かく砕けているのが大きな特徴で、同じく細かく刻まれて豆腐と共に煮込まれた赤と緑のピーマンおよび上に乗せられた白ネギと香菜(シェンツァイ:パクチー、コリアンダーとも呼ばれる香草の一種)が外見上の良いアクセントになっている。

一見すると中華料理の定番である麻婆豆腐にも似ているが、調理法には違いがある。一般的に、麻婆豆腐は

1.肉を炒める
2.スープを入れ豆腐と共に煮る
3.水溶き片栗粉でとろみをつける

という作り方であるのに対し、雲南豆腐は

1.豆腐を細かく砕いて炒める
2.スープを入れて煮る
3.水溶き片栗粉でとろみをつける

といった手順で作られる(※調理法は流儀によって若干の差異がある模様)。

110611_06.jpg

麻婆豆腐にも似た外見からピリ辛の味付けかと思いきや、さにあらず。口にすると豆腐由来の穏やかで優しい甘みが全面に感じられて、とても美味しい。豆腐の美味しさを引き出す調理法としては屈指のものではないだろうか? ご飯にもよく合い、食が進むこと請け合いだ。

辛い料理が苦手な人にもお勧めできるし、材料は豆腐と野菜なのでヘルシーだからカロリーを気にする人にもお勧めできる。皆さんもお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 21:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック