2011年04月10日

新宿『特級中華そば凪』さんで、超濃厚な煮干しスープを味わうの事。

所用で新宿まで足を運んだので昼食も新宿で取ることにし、ある雑誌で写真を見てから気になっていた店に向かった。

110410_01.jpg
特級中華そば 凪 西新宿店ラーメン / 新宿西口駅西新宿駅西武新宿駅

新宿駅西口から徒歩数分、青梅街道と小滝橋通りに挟まれた地区の少し奥まった場所にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『特級中華そば凪』さんが今回の目的地。ラーメンをビルの一階で、つけ麺を二階で提供しており、一応別店舗扱いの模様。

110410_02.jpg
店内の様子

ラーメン屋では少々珍しい折戸(おりど:路線バスの前扉などで見かける蝶番(ちょうつがい)で折り畳んで開閉する開き戸)を開けて中に入る。ランチタイムのピークを過ぎた13時半過ぎの来訪だったにも関わらず、御世辞にも広いとは言えない店内は満席に近い状態であった。食券を購入しようとしたら1000円札しか使えないタイプだったので、席についたのはスタッフの手が空くのを少し待ってからとなった。

110410_03.jpg
特級銀河(800円:税込)

今回の注文は、同店が昨年末から世に送り出したという特級銀河。いかにも濃厚そうな灰色のスープを見ただけではトンコツベースのように思えるが、漂うのは紛う方無き煮干しの香り。そう、このスープは大量の煮干しを徹底的に煮出して得た物なのだ。

110410_04.jpg

スープを啜ってみると、濃厚――という一言では表現しきれないほどの圧倒的な煮干しの旨みと美味しさが口の中に流れこむ。煮干しの頭やワタの部分が由来と思われる若干のエグ味も感じるが、それも含めた上で「煮干しの旨みを味わう」ことを追求したスープだ。

110410_05.jpg

麺は若干細めのストレート。特に麺の固さについてはオーダーしなかったのだが、茹で加減は若干固め。啜り込むと漏れ無く煮干しの香りもセットで付いてくる。

110410_06.jpg

具は煮豚が二切れと、長ネギ、メンマ、モヤシといったラインアップ。煮豚は柔らかくシットリとした美味しさで単品での出来も良い。モヤシは煮干しの味に舌が疲れてきたときの箸休めとして上手く機能している。

110410_07.jpg
完食!

煮干しの味が好きか嫌いかで評価の割れるラーメンだとは思うが、私のような煮干し好きには大満足の一杯である。煮干し好きを自認する皆様は足を運ぶべし。


特級中華そば凪 [ うどん、そば、丼 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 17:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック