2010年11月07日

本郷三丁目『いっしょもりてい』さんの極太スープ焼きそばは色物メニューにあらず。

101107_01.jpg
都営地下鉄大江戸線・本郷三丁目駅

日本最高学府の誉れ高い東京大学の最寄り駅である本郷三丁目までやってきた。かねてから行きたいと願っていた、評判の中華料理店を訪問するためである。

101107_02.jpg
いっしょもりてい 中華料理 / 本郷三丁目駅湯島駅水道橋駅

都営地下鉄大江戸線・本郷三丁目駅5番出口を出て右折。春日通りを御徒町方面に進むと右手にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)のが『いっしょもりてい』さん。ノーマルな外見とは裏腹にメディアでもたびたび取り上げられているお店なので、ご存知の方も多いのでは?

101107_03.jpg
店内の様子

この日、じつは急な仕事を一件片付けることになったので訪れたのは夕方になってから。ちょうど夜の部の開始時間に入店する形になったので、労せずして店内写真の撮影に成功(笑)。

101107_04.jpg
メニュー(一部)

メディアでは同店の名物として、石焼ビビンバならぬ石焼チャーハンがよく紹介されている。私も「それにしてみようかな」と思いつつも念のためメニューを物色していたところ、

101107_05.jpg

壁に張られた『極太スープ焼きそば』に目が釘付けとなってしまった。栃木県や青森県のご当地グルメに焼きそばを丼に入れてスープをかけた料理があるのは知っていたが、実際に食べる機会には恵まれていなかった。

スープ入り焼きそば
wikipedia

つゆ焼きそば
wikipedia

良い機会だし注文してみるか? しかし所謂ご当地グルメの類には“外れ”が存在するのも事実……。と悩んだのも束の間のことで、次の瞬間には「極太スープ焼きそばをお願いします」とスタッフの方にオーダーしていた。好奇心には勝てない。

101107_06.jpg
極太スープ焼きそば(800円:税込)

待つことしばし、極太スープ焼きそばとご対面。

101107_07.jpg

さっそく焼きそばから食べてみると……よいお味だ。ものの本によれば同店では自家製麺を使用しているそうだが、幅広で適度にウェーブのかかった麺は歯ごたえがよく、またソースがよく絡む。少し濃い目の味付けも、焼きそばらしくて良い。

101107_08.jpg

一方でスープはチャーハンの付け合せでおなじみの、あの味。焼きそばとは反対に少し薄味だが、よいお味である。

101107_09.jpg

ある程度食べ進めたところで、焼きそばをスープに投入! それぞれ単品では問題ない味ではあったが、混ぜてしまうことで、どんな味になることやら。不安と期待が入り混じる。

101107_10.jpg

ところが食べてみてびっくり。焼きそばの麺は絡んだソースが適度に洗い流される代わりにスープの味が加わって新たに美味しいラーメンの麺となり、

101107_11.jpg

スープは焼きそばのソースが溶け出すことでラーメンのスープとして申し分ない味に生まれ変わった。単に奇抜さを狙ったり形だけ真似て作られた色物メニューではない、料理人の確かな腕前を感じる一品だ。

101107_12.jpg
完食!

大満足のうちに食べ終わり、再訪を誓いつつ意気揚々とお店を後にした。皆様も訪れてみてはいかが?


いっしょもりてい [ 中華 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 16:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック