2010年08月03日

当たり前の結果!?休暇分散化「メリットなし」が68%

観光需要の創出や繁茂期の交通渋滞の緩和を目的とし、ゴールデンウィークのような大型連休を地域ごとにズラして設定する休暇の分散化法案が検討されている――という話は、当ブログでも『2010/02/14 祝日法改正案――大型連休の分散取得案――について一言』で紹介した。そのとき私は否定的な意見を書いたのだが、他にも同じ思いの方が多いようで…。

休暇分散化「メリットなし」が68%=観光庁がネット調査
(時事通信)

休暇分散化構想について、観光庁はインターネットを通じて集めた意識調査結果を公表した。それによると、春と秋の年2回、全国5地域ごとに日にちをズラして各5連休を設定する同庁の構想に対して「いずれも効果がない」との回答が64%、休暇分散化の具体的なメリットについて「特にない」と回答した人が68%となったと記事は伝えている。この結果を見る限りでは、同構想に対する国民の期待感が高まっていない実態が浮き彫りになったといえるだろう。

以前に書いたことの繰り返しになるが、いまの日本では、有給休暇の取得徹底やサービス残業の撲滅といった労働者の労働環境改善がなされない限り、休暇分散化計画も「絵に描いた餅」で終わってしまう危険性が極めて高い。前述のアンケート結果は、それを危惧する人たちが多いという客観的な集計結果なのである。

しかし観光庁からは「厳しい結果だが、今後も制度を理解してもらえるよう周知活動に努めたい」というコメントが出ている。「厳しい結果」であることは理解しておきながら、それでも計画の中止や見直しや前段階としての労働者の労働環境改善に向けて他の省庁と連携を取るという選択肢を考慮することなく、現計画を強行しようというのか?

意気込みは立派かもしれないが、

「フ…なかなかの強さだが、無駄なあがきはせんことだ」
(byアミバ:北斗の拳 より)

100803_01.jpg
【北斗の拳】アミバ Tシャツ サイズ:XL / BLACK

と言いたくなってしまうのは、私が捻くれ者だからだろうか?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




休暇分散化「メリットなし」が68%=観光庁がネット調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100803-00000107-jij-pol
posted by 只今(橘カヲル) at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:経済 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック