2010年05月08日

「京急蒲田駅が通過駅に格下げ!?」騒動に一言

京急 品川―羽田直通便 半数が蒲田駅通過 要望素通りに動揺
(東京新聞)

100508_00.jpg
東京新聞より京急蒲田駅前の空撮写真

10月に4本目の滑走路と新国際線ターミナルビルが供用開始予定となっている羽田空港は、多くの国際線の就航が見込まれている。これに伴い都心から空港までの利便性向上を図るため、京浜急行電鉄(京急)では5月16日からダイヤ改正が行われるのだが、これが物議を醸し出している。

今回のダイヤ改正の目玉の一つに品川-羽田空港駅間をノンストップで結ぶ新しい『エアポート快特』の運行があるのだが、これにより今まで全ての列車が停車してきた京急蒲田駅が20分に一本の割合で通過駅になってしまうケースが生じたためである。

京急蒲田駅を擁する東京都大田区では、同駅周辺の高架化や道路整備にかかる総工費1650億円のうち約200億円を負担していることもあって「一時たりとも京急蒲田が通過駅となることには反対」とする抗議声明を発表。京急蒲田駅通過問題対策本部が設置され、また区民レベルでも区自治会連合会の呼び掛けで『京急蒲田駅通過反対区民協議会』が発足したとのこと。さらに松原忠義・大田区長の責任を追求しようとする動きも出ているという。

この問題について少し考えてみたい。まず京急としては羽田空港第1ビル・第2ビル駅までノンストップの『空港快速』を運行する東京モノレールへ対抗する必要があるから、同じく品川-羽田空港駅間をノンストップで運行する電車を走らせたい。その目的から考えれば、京急蒲田駅に停めるのは本末転倒どころではなく、全くの無意味だ。

次に京急蒲田駅で乗り換えて羽田空港へいく利用客の利便性が低下するかどうかだが、京急蒲田-羽田空港駅間は各駅停車タイプの電車でも10分で到着する。20分に一本の新『エアポート快特』が通過しても、次の電車で行けばそれほど利便性に差が出るとは考えにくい。

同様の理由で京急蒲田駅を利用する地元の方々が羽田空港へ行く際の利便性もそれほど低下しないと考えられる。もっとも地元の方々は、羽田空港へ向かうときにははJR蒲田駅前から出ている羽田空港行きのバスに乗ったり、荷物が多い場合であればタクシーを利用するのが一般的という意見も散見される。

それでは地元商店街などへの影響だが「品川から新『エアポート快特』に乗って羽田空港まで行きたい」と考え、利用する人たちは「一刻も早く羽田空港に着きたい」のではないだろうか。そんな人たちが京急蒲田駅で途中下車する用事があるとは思えないし、新『エアポート快特』を無理に同駅に停車させても、そんな人たちに対して途中下車の需要を喚起できるとは思えない。

また「高架化の工事費200億円を負担させて素通りするのか?」との指摘についてだが、同駅周辺の「開かずの踏切問題」が解消されて交通渋滞が緩和されることで、周辺住民や引いては大田区は恩恵を十分に享受できるはずだ。

そもそも京急蒲田駅周辺の高架化は道路事情の改善を目的とした地元側の要求で行われたものだから大田区も工事費を負担している(運営会社の都合による鉄道設備の改良であれば全額自社負担)。なので工事費の「道路事情の改善を目的とした」費用負担を盾に鉄道会社に「ダイヤの見直しを要求する」のは

「それとこれは話が違います!」
(byニナ・パープルトン:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY より)

100508_01.jpg
機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.2 [DVD]

と美人システムエンジニアにツッコミを入れられても仕方がないところなのだ。

長々と書いてきたが「蒲田にとって深刻な影響はないんじゃないの?寧ろ変にゴネると互いに悪いイメージが残るだけでは?」というのが、現時点での感想である。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




京浜急行:エアポート快特、京急蒲田駅通過 ダイヤ改正に大田区が反発 /東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000014-mailo-l13
posted by 只今(橘カヲル) at 12:04| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 雑感:地域 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースでは取り上げられませんが、ダイヤ改正後も京急蒲田駅では日中、本線の電車が1時間当たり上下15本ずつ停車しますね。
空港線から横浜方面への直通電車も増えるし、本当にエアポート快特の通過が大きな問題なのか、トータルで報道してほしいです。
今のままでは、大田区は子供のケンカですね。
Posted by パパ at 2010年05月16日 09:03
まったく同感。
自分のことしか考えていませんね。
200億払わぬというなら、空港への乗換の動線は、品川駅と川崎駅で考えて方が合理的同一ホームで裁けます。
蒲田は、いっそうのこと快特すべて本線も含めて通過にしてしまえば。
利用者は、1駅でも止まらない。乗換もない方がいい。
Posted by aiai at 2010年05月17日 00:17
はじめまして。
わたしは区民の直感として、ここに書かれているのと反対の意見を綴らせて頂いたのですが、こちらに書いてあることもごもっとも。
感情が入るので難しい問題ですね。
Posted by ANSoft社長永田氏 at 2010年05月17日 14:24
>パパ さん
>aiai さん
>ANSoft社長永田氏 さん

おそらく反対派が納得しないのは実際の利便性云々ではなく「通過駅に“格下げ”になってしまう」というプライドの問題だと思います。

しかし羽田空港へのアクセス向上は国土交通省からのお達しにもあるので、京急よりもお役所を説得しなければならないというのが大変かと。
Posted by 只今@管理人 at 2010年06月06日 17:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

【京急ダイヤ改正】エアポート快特蒲田通過
Excerpt: 京浜急行は、5月16日ダイヤ改正を行う。京急蒲田付近の本線・空港線の上り線が高架
Weblog: かにうさぎの部屋
Tracked: 2010-05-08 13:37