2009年12月27日

御徒町『御徒町食堂』さんの、大衆食堂のイメージを守る部分と、そうでない部分

091227_01.jpg
JR御徒町駅

年の瀬でもあり「家族に顔を見せておこう」と両親の住まう田端まで向かう途中、昼食をとろうと御徒町駅で途中下車した。全国的に有名な商店街であるアメ横(アメヤ横丁)の最寄り駅でもある御徒町駅周辺は、期待に違わず良質な飲食店が多い。今日ご紹介するのは、そのうちの一軒である。

091227_02.jpg
御徒町食堂(定食・食堂 / 御徒町、仲御徒町、上野御徒町)

御徒町駅南口の西側から出て、そのまま秋葉原駅方向に南下していけば、程なく高架下に『御徒町食堂』さんの姿を発見できるだろう(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。店頭のショーケースに和洋中のジャンルを選ばない様々な料理見本が並べられている、一昔前ではよく見かけた、しかし今や貴重な存在となった“大衆食堂”そのものである。

091227_03.jpg
店内の様子

目だった装飾が見当たらない極めて簡素にまとめられた店内も「手早く食事を済ませる所」という一般的な大衆食堂のイメージそのものだ。

091227_04.jpg

091227_05.jpg

大衆食堂のイメージの一つに「出される料理にボリュームがある」が、この点でも同店は期待を裏切らない。各種定食には更に一品、おかずが付いてくるのだ。

091227_06.jpg
おろしハンバーグ定食(880円:税込)

追加のおかずも量的に十分なので、実際に配膳されると、まるで2品おかずがついてくる定食のようなビジュアルになるのだ!

091227_07.jpg

メインディッシュのおろしハンバーグは、ハンバーグの上に大根おろしを乗せ、上から和風ダレをかけた一品

091227_08.jpg

皿の下に敷物を置いて、タレがハンバーグの方へ重点的にかかるようにしているあたり、芸が細かい。こうした配慮からも分かるように同店は味にも拘りがあり、一般的な大衆食堂が持つ「味よりも満腹感が優先される」イメージは良い意味で裏切られる。

091227_08.jpg

おろしハンバーグは、大根おろしと和風ダレのおけげで肉厚のハンバーグがさっぱりとした後口となり美味しく食べられる。しかも和風な味のおかげで、ご飯のおかずとして最適な一品となっている。あぁ、箸が進む…。

091227_11.jpg

サイドディッシュであるはずのカキフライにも抜かりはない。

091227_12.jpg

アツアツの揚げたてなのが嬉しい。サイドディッシュだからといって作り置きをしない同店の味に対するスタンスが伝わり、一層嬉しい。

091227_13.jpg

惜しげもなくシジミの味噌汁を提供してくれるのも有難い。

市井の人々の空腹を満たしてきた大衆食堂が時の流れと共に次々と姿を消していくなか、ガード下で燦然と輝きを放つ『御徒町食堂』さん。アメ横散策のときなどに利用されてみてはいかが?


御徒町食堂 [ その他 ] - Yahoo!グルメ





posted by 只今(橘カヲル) at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック