2009年12月06日

下戸の救世主!?駒沢大学『かっぱ』さんで煮込みを食べよう

私は飲み屋で出される煮込みが好きなのだが、いかんせんアルコールを受け付けない身体なので飲み屋にいくのは躊躇する。私と同じ想いを抱く皆様に、今日は「飲み屋ではないのに煮込みが食べられるお店」をご紹介したい。

091206_01.jpg
東急田園都市線・駒沢大学駅

最寄り駅は駒沢大学駅。

091206_02.jpg
かっぱ(定食・食堂 / 駒沢大学)

駒澤大学や駒沢オリンピック公園の入り口がある駒沢公園通りから伸びた路地に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『かっぱ』さん。

091206_03.jpg
店内の様子

店内はカウンター席のみ。夕方からの営業なのにアルコールを置いておらず、メインメニューは煮込みのみ、といった特殊な営業形態にもかかわらず、同店には食事やテイクアウトを目的としてサラリーマンや学生が足を運び、店内は常に盛況である。

091206_04.jpg
煮込み(並 600円:税込)
ごはん(並 200円:税込)
つけもの(100円:税込)

さて、席について程なく、お目当ての煮込みがご登場。

091206_05.jpg

煮込み(並)の「並」は「普通の」という意味ではなく「並外れた」の略ではないかと思われるほど、皿一杯に盛られた煮込みに感動を覚える。

091206_06.jpg

具は牛肉、コンニャク、豆腐のみ。大きな鍋の中で徹底的に煮込まれることで味が良く馴染んでおり、とても美味しい。具が少数精鋭のためか、下手な煮込みにありがちな「どの具を食べても同じ印象」ではなく、各々の個性が感じ取れるのも嬉しい。

091206_07.jpg

ごはんも「並」なのに景気のよい盛り付け。こんな美味しい煮込みである。米の飯との相性も抜群だ。

091206_08.jpg

別々に食べるのもよいが、このように煮込みをごはんの上にかけて

091206_09.jpg

煮込み丼にすれば、煮込みの具だけでなく汁まで余すことなく食べられる。同時に食べることで一層美味しさが膨らむのだ!

…と書いていくと、無骨な男の料理屋のような印象になる『かっぱ』さんであるが、同店には――身なりなどから類推すると、おそらく駒澤大学の学生さんであろう――若い女性客の姿も見受けられるで、女性でも気兼ねなく来店されたし。





posted by 只今(橘カヲル) at 18:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 食:和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

失礼いたします。

学生時代、ずいぶんとお世話になりました、かっぱ。まだやっているんですね。先代の人は引退したと聞いていましたし、値段もずいぶん高くなりましたね。高級品になってしまった感じですが、また食べたいですね。
Posted by tenjin95 at 2009年12月06日 19:47
>tenjin95 さん
毎日でも食べられる親しみのある味で、私もお気に入りです。
(^^)
Posted by 只今@管理人 at 2010年01月03日 08:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

阿久根市長 竹原信一 ブログ
Excerpt: <お買い得情報> 安く、カニをたらふく食べたいなら、カニ市場 『北国からの贈り物』へ 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円..
Weblog: 注目度NO.1ニュース
Tracked: 2009-12-06 21:46