2009年11月15日

蒲田『らうめん しんか』さんの品の良いトンコツラーメンで傷心が癒される

091115_01.jpg
JR蒲田駅

ある用事があって日曜日の夜半だというのに蒲田駅までやってきたのだが、諸般の事情により作戦変更を余儀なくされた。もっと言えば、その用事が「当てが外れてしまった…」ので、失意と共に蒲田駅周辺を徘徊することになってしまった。そんな私の傷ついた心を癒してくれたお店を、今日はご紹介したい。

091115_02.jpg
らうめん しんか(ラーメン / 蒲田、京急蒲田、梅屋敷)

蒲田駅から徒歩5分ほど。蒲田五丁目の交差点に程近い大通り沿いに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『らうめん しんか』さん。看板を目にしたとき、同店が何かのグルメガイドブックに掲載されていたことを思い出し、入店することに。

091115_03.jpg
店内の様子

店内は最近のラーメン屋によくある、木目を基調とした落ち着いた雰囲気で纏めている。日が暮れたばかりで夕食時には少々早い時間帯、食券を購入し、セルフサービスのお冷を汲んで席につき、暫し待つ。

091115_04.jpg
あげねぎらーめん(800円:税込)

注文したのは店頭に「一番人気」として写真が掲載されていた、あげねぎらーめん。同店ではラーメンスープの味を「こってり」と「あっさり」から選べるのだが、食券の券売機では「こってり」のボタンが上に並んでいたので、こちらがスタンダードだと判断し「こってり」にした。

091115_05.jpg

「こってり」というから脂ギトギトのスープかと思いきや、ポタージュのような上品な外見の白濁スープに、まずびっくり。啜ってみれば、ちょっと甘みが強い所もあるが豚骨醤油スープの濃厚な美味しさが口いっぱいに広がってびっくり。しかも野暮なトンコツベースのスープにありがちな臭みや後口のしつこさがないことに、さらにびっくりした。とても出来の良い美味しいスープである。今回は注文しなかったが、ライスにかけて食べても美味しいと思う。

物の本で調べてみれば、特性の圧力鍋を使い、トンコツとしては比較的短時間となる12時間でダシを取っているのだとか。なるほど、圧力鍋を用いてダシを取る時間を短縮することで、トンコツの旨味だけをとって臭みや後口の悪さをシャットアウトしているのか…。

091115_06.jpg

一方、麺はウェーブのかかった中太麺。よくスープと絡む上に湯で加減も若干固めに調製されており、この濃厚スープを確り受け止めている。

091115_07.jpg

091115_08.jpg

091115_08.jpg

具はチャーシュー、玉子、キャベツなど。チャーシューと玉子は総じて味付けが抑え気味で、濃厚なスープとバッティングして味がくどくなりすぎる危険が避けられている。ただ、これらに確りした味付けを求める人もいるので、その辺は好みの問題か。キャベツは、その甘みとシャキシャキした食感で口中のリフレッシュに一役買っている。

091115_10.jpg
完食!

品良く纏まったラーメンで、普段ラーメンをあまり食べない層にも受けが良いタイプの味だと思う。私も傷心が癒された。蒲田にお越しの折には、お試しあれ。


しんか [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 21:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここわたしも何度か行ったことあります
美味しいですよね~
Posted by めぐみ at 2009年11月16日 01:54
>めぐみ さん
はじめまして。タレントをされているとのことで驚きました。これからもがんばってください。
Posted by 只今@管理人 at 2009年11月21日 17:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年11月日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・日露核軍縮{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-11-16 17:40