2009年10月29日

三軒茶屋『來來來』さんのちゃんぽんは、具材・麺・スープがチャンポンになっている

唐突で恐縮だが、私は長崎ちゃんぽんが好きだ。しかし「ちゃんぽんの美味しい店は?」と質問されると考え込んでしまう。悲しいことに「うーん、これならリン○ーハットのほうが…」というお店なら何軒も出くわしたのだが(笑)。

そんな経験を重ねたので、私は東京で美味しい長崎ちゃんぽんが食べられる店は貴重だと思っている。今日は貴重な「東京で美味しい長崎ちゃんぽんが食べられる店」をご紹介したい。

091029_01.jpg
東急田園都市線・三軒茶屋駅

場所は近代的な商業地とレトロな町並みが混在し「住みたい町」ランキングの上位に名を連ねる三軒茶屋。

091029_02.jpg
來來來(ちゃんぽん / 三軒茶屋、西太子堂、若林)

三軒茶屋駅北口から茶沢通りを暫く進んでからの脇道に発見できる(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の)のが、こちら『來來來』(らいらいらい)さん。誰がどう見ても「いたってフツーの街中のラーメン屋」然とした外観からは想像できないかもしれないが「長崎ちゃんぽんの美味しい店」がメディアで特集されると頻繁に取り上げられる、ちゃんぽんと皿うどんの名店である。

091029_03.jpg
店内の様子

カウンター席が5つと4人掛けのテーブル席が2つという狭い店内は、その様子をカメラに収めるのに苦労してしまうほど。引っ切り無しにお客が訪れるため、空席ができれば直ぐ埋まってしまうという状況がそれに拍車をかける。カウンター席に腰掛けてから、客席を取り仕切る女将さんに注文を通し、暫し待つ。

091029_04.jpg
ちゃんぽん(850円:税込)

そしてお待ちかね、厨房で御主人が鍋を振るって完成させた、ちゃんぽんの登場だ。比較的底の浅い丼には白濁したスープと太めの麺が入り、その上に文字通り「山盛り」になったキャベツやモヤシ、タマネギなどの炒め野菜やタコや海老といった魚介類、さらに豚肉やカマボコといった数多くの具材が、ドッサリという擬音語を思わず使いたくなるほど大量に乗っかっている!

091029_05.jpg

スープは鶏ガラ主体で取っていると思われる。決して「濃厚」と表現できる味ではなく、それどころか後味の軽さに驚くぐらいなのだが、太い麺や大量の具に負けないだけの力強さがあるという摩訶不思議なスープだ。

091029_06.jpg

ちゃんぽんは、具材を鍋で炒めてからスープを投入し、更に麺を加えて煮込んで作られる。

091029_07.jpg

よって麺にも具材にもスープの美味しさが十分に染みこんでいる

麺と具材を「これでもか」といわんばかりに箸で掴み挙げて一気に頬張って咀嚼するとき、言語では表現しがたい至福を味わうことができる。具材と麺と更にそれらに染みこんだスープ、これらをチャンポン(異なるものが混ざった状態)で食べるからこその味わいだ。一般のラーメンでは味わえない旨味が、ここにある。

091029_08.jpg
一口餃子(400円:税込)

こちらは同店のサイドメニューとして定番の一口餃子。

091029_09.jpg

一般的な餃子の形である三日月状ではなく真丸に近い形なのはよいとして、若干焦げ気味で無造作に皿に盛られた様子を見ると侮ってしまうが、焦げがついてもズタズタに破れない丈夫な皮と、ちゃんと美味しさを感じられる餡に、良い意味で予想を裏切られる。

091029_10.jpg
完食!

予備知識がなければスルーしてしまうような外見に惑わされることなく、皆様も『來來來』のちゃんぽんをお試しあれ。






◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック