2009年07月27日

観光庁職員の長期休暇所得に見る「率先垂範」の問題点

「先頭に立って模範を示すこと」を率先垂範という。とかく印象の良い言葉だ。人に指図するよりも自分で行動する人間の方が偉いという思想が根底にあるからだろう。まぁ世の中には

「自分がいやなものをひとにやらせるなッ! どおーゆー性格してんだてめーッ」
(byジャン=ピエール・ポルナレフ:ジョジョの奇妙な冒険第三部 より)

090727_01.jpg
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 3.シルバー・チャリオッツ

と思わず声を荒げたくなるほど「何もせずに指図ばかりする」人間が多いのも事実だ。しかし下に示す事例を考えると、率先垂範は他人を指導する手段と考えた場合に必ずしもベストな選択とはいえないのではないかとも思う。

職員9割が「夏休み1週間」=旅行日数増へ率先-観光庁
時事通信

長期休暇の取得促進や休暇の分散化による旅行日数の増加を目指す観光庁では、全庁的に連続1週間の長期休暇を取得する目標を掲げ、実際に職員(約110人)の9割以上が計画を立てたことが明らかにされた。同庁からは「今回はかなり思い切った取り組みができたと思う。社会的に良いインパクトになればいい」とのコメントが寄せられており、目標実現のため、率先垂範して庁内職員に長期休暇をとらせたようだ。

しかし、だ。いくら率先垂範されても真似できないものというのは確実に存在する。個人であればスポーツや芸術分野のごとく個人の能力に大きく依存する事柄とか、企業であれば長期休暇のように企業の風習や経営状態に大きく依存する事柄とか。それなのに何の創意工夫も捻りも無く、ただ「我々が模範を示すから後に続け」と言われても戸惑うばかりである。

率先垂範が必要ないとは言わないが、この場合求められているのは、まずは「労働基準法を遵守し、規定の休暇を取らせるように」との企業に対する指示命令であり、更に「どうすれば長期休暇を取らせることができるか」のコーチングやカウンセリングではなかろうか。まぁそれが観光庁の職務かといわれると…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




職員9割が「夏休み1週間」=旅行日数増へ率先-観光庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090727-00000080-jij-pol
posted by 只今(橘カヲル) at 20:39| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 雑感:社会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
庶民はひがみっぽいから…
テレビが噛みつきそうだし、そのうちに、あちこちから怨嗟の声があがりますよ。
Posted by のびぃ太 at 2009年07月28日 04:01
率先して手本を示すのは良いんですが、「休暇を取れ、取らせろ」は、手本を示したって変わりそうにありませんね。只今さんのおっしゃるように、労働基準法の遵守…を監督しない限り、無理でしょう。フランス並みに、「連続2週間以上の休みを、1年に1度は与えること。」というのを、新たに盛り込んでも良いと思います。日本人は法律で規定されないと、休みも取れない国民性ですから。それに、ワークシェアリングにも繋がりますし。
Posted by valvane at 2009年07月29日 00:20
>のびぃ太 さん
衆議院選挙があるのでマスコミはそちらに時間を割かれているようですが、これも格好の攻撃素材になり得そうですね。

>valvane さん
>日本人は法律で規定されないと、休みも取れない国民性ですから。
そのうえ「労働基準法を守っていたら会社が潰れる」といった趣旨の発言を平気で行なうような経営者もいるぐらいで…。
Posted by 只今@管理人 at 2009年08月02日 21:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年7月28日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主党マニフェスト・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・民主党マニフェスト・2 {/arrow_r/}(ここ..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-07-28 19:59