2009年07月09日

破門した部下に脅されて、暴力団組長が警察に助けを求める

フィクションの世界における悪の組織の首領は、大抵において自身が最強の存在である。なにしろ悪の組織の構成員は筋金入りの利己主義者で、仁義や忠誠などという言葉とは無縁の存在というのが通り相場。少しでも隙を見せれば

「か…考えてみればジョースターたち4人と闘うより、こいつは今たったひとり! いっそのこと、おれがここで、この野郎の頭をコッパみじんにふっ飛ばした方が簡単にケリがつくぞ、財宝もおれのものだーッ! 引き金をちょっと引くだけだッ! 一瞬で終わりさッ! 接近での暗殺こそ『皇帝(エンペラー)』の独壇場ッ! 俺ならやれるッ! やれるぞッ! ブッ殺してやるッ! 脳みそ床にブチまけやがれ、DIOさんよーッ!」
(byホル・ホース:ジョジョの奇妙な冒険第三部 より)

090709_01.jpg
ジョジョの奇妙な冒険 (22) (ジャンプ・コミックス)

と首領の命を狙い、その権力と財を手中に収めようとする部下が現れるのだから。悪の組織の首領は力で部下を押さえつけられる存在であるのが絶対条件なのである。

さて、なぜこんな話をするかというと…。

元配下に脅され…暴力団組長、警察駆け込む
読売新聞

所属する暴力団の組長(56)を刃物で脅した暴力行為と銃刀法違反の疑いで、指定暴力団山口組系組幹部の八藤(はっとう)克二容疑者(51)が逮捕された。八藤容疑者は組のナンバー2だったが、組長から今年1月に破門を言い渡されており、破門を巡ってのトラブルが事件の原因ではないかとのこと。

驚くのは、八藤容疑者が所属していた組の組長が、同容疑者に包丁を突きつけられて「おめえを殺したる」などと脅された際、警察に通報していること。一旦は警察の説得で帰宅したものの、改めて警察署を訪れ、被害届を出している。警察関係者の1人は「組員をコントロールできないとはいえ、組長が警察に被害を訴えるのは、聞いたことがない」と話しているという。

フィクションの世界における悪の首領は人知を超えた力を持つ存在であることが珍しくないから、刃物で脅されたぐらいで怯むシーンにお目にかかることは極めて少ない。しかし現実世界の暴力団組長は人間には違いないから驚くほど部下と肉体的戦闘力に差があるわけではない。よっていつ部下が造反を考えても不思議では無い。

それを押さえ込む方策の一つとして、任侠の世界では“義理”の概念を導入した。「組長ともいえば親も同然。親に逆らうとは何事だ!」というわけだ。しかし「親の言葉には絶対服従」などとという儒教チックな概念は一般社会においても既に死に体と化している。任侠の世界においてもまた然り、なのだろう。道徳観念の崩壊は暴力団組織の結束にまで影響を及ぼしているというのは、なんとも複雑な心境にさせる話だ。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




元配下に脅され…暴力団組長、警察駆け込む
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000904-yom-soci
posted by 只今(橘カヲル) at 22:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑感:事件 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一対一で向き合えば、生の力関係になるでしょうが、
一旦、別れたあとがちと情けない(笑)
破門した相手ですから、他の組員が親分のためにと憤怒してもよさそうですが・・・。
http://shadow9.seesaa.net/article/123163656.html
Posted by shadow9 at 2009年07月09日 23:41
>shadow9 さん
>破門した相手ですから、他の組員が親分のためにと憤怒してもよさそうですが・・・。
最近は、そんな義侠心のある組員も少なくなったのかもしれませんね。
Posted by 只今@管理人 at 2009年08月02日 21:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年7月10日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞とTVの切抜{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治とは「内政懇」?{/arrow_r/}(ここからお入り下さ..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-07-10 16:05