2009年06月28日

代々木「おひつ膳 田んぼ」さんで、ご飯の美味しさに感動してみませんか?

やれやれ、ようやく書く時間ができた…。

二週間ほど前、代々木某所で開催された或るセミナーに出席した帰り道、折角なので以前から気になっていたお店に向うことにした。

090628_01.jpg 090628_02.jpg
おひつ膳 田んぼ 代々木本店 (和食(その他) / 南新宿、代々木、北参道)

JR代々木駅から徒歩数分で到着する『おひつ膳 田んぼ』さん(詳しい場宜しくは上部リンク先、または記事下の地図を参照)。店主が「お客様に安全で美味しいお米を提供する」をコンセプトに開店させた和定食店。確かな美味しさが評判を呼び、現在では計三店舗を構えるまでに成長している。

090628_03.jpg 090628_04.jpg
写真左:店内の様子 写真右:メニュー

田舎の農家をイメージしたと思われる店内で腰を落ち着け、注文を通し、しばし待つ。料理が運ばれてくるまでの間、店内にあったチラシに目を通してみると、なんと同店スタッフは毎年水田に赴むいて田植えなどの農作業を行なうとのこと(そのための長期休業時期まである!)。

後日、物の本で確認したところによれば同店は新潟県十日町市に自前の水田を持っているそうなので、おそらくそこで作業をされているのだろう。

そして同店の食材に対する拘りは米だけでは無い。同店HPより抜粋すると…。
・米…特別栽培米
・醤油…天然醸造純正醤油
・味噌…無添加天然醸造
・塩…天然ミネラル塩
・海苔…佐賀有明の初摘み

090628_05.jpg
季節のおひつ膳(1,200円:税込)

さて、今回の注文はその時々の旬によって主菜が変化する、季節のおひつ膳(訪問時の主菜はアジのタタキであった)。いまどき珍しい、おひつに入ったご飯が目を引く。写真は撮影の都合上おひつの蓋を開けているが、なにより驚愕するのは、おひつの蓋を開けた瞬間である。炊き上げられた米の、なんと香ばしいこと! 日本人として生まれ、それこそ数限りないほど炊かれた米の匂いに接してきたが、これほど鮮烈な印象を受けたのは始めてだ。

090628_06.jpg

精米は毎日行っているとのこと。米の飯を食べた際の感想としては普通用いないと思う「新鮮な味」という表現を使いたくなるような美味しさ。ご飯だけで十分食べられてしまうが、オカズと共に食べるとご飯の美味しさが倍増する。

090628_07.jpg

なめこの入った味噌汁も出来がよい。味噌そのものの味が良いのであろう。若干濃い目の味付けだと感じたが、ご飯とのバランスを考えてのことだと思われる。

090628_08.jpg

本セットには、お茶漬け用の玄米茶がついている。お代わりが一回だけ可能なので、一杯目はノーマルに、二杯目をお茶漬けで、と楽しむのもまた良し。

090628_09.jpg

同店は「ご飯を如何に美味しく食べてもらうか?」をファーストプライオリティとし、そこから逆算してオカズの選定などを行っていると感じた。「近頃、美味しいご飯を食べていないなぁ」とお嘆きの皆様にお勧めしたいお店である。


おひつ膳田んぼ代々木店 [ 和食 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック